クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
改造人間に生まれ変わった少女レイカとなって、ガレキを自在に操る能力を駆使して武器や足場を作り、世界を救うべく凶悪なロボット軍団“アジート”と戦いをくり広げる。
発売日
2019年10月24日
価格
3500円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー / パズル
メーカー
レイニーフロッグ
詳細を見る

GIGA WRECKER ALT.(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

地形を壊し、ガレキの足場を作って進む、ガレキを集め、武器を生成して敵を攻撃するなど、物理演算を駆使したゲーム性がおもしろい。パズルとアクションの要素が上手に絡み合い、広いステージを探索するやり込み甲斐を味わえる。ただ、物理演算ならでの“運任せのままならなさ”もあり、そこも含めて楽しめるなら◎。パズルに詰まってもその場でやり直せるが、ロードの挿入でテンポが崩れがちに。

週刊ファミ通1611号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
7

ガレキや敵の残骸を吸い寄せて、謎解きに利用する発想がユニーク。思いのほかパズル要素が強く、頭を使いつつアクションを駆使するので、なかなかの難度に感じました。体力増加だらけだけど、膨大なスキルツリーをひとつずつ開放していくのは、地味ながら達成感がありますね。セーブのタイミングが少なめで、謎解き直後にやられると台なしになるのは、難度を考えるとちょっと骨が折れるかな。

週刊ファミ通1611号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

ガレキを集め、“カタマリ”にして敵を攻撃するほか、ブロック状にして足場にしたり、ギミックを作動させるなど、パズルとアクションが組み合わされたゲームプレイが楽しい。しかし、操作感に少しクセがあるのと、引きの視点になる場面で自キャラと敵が見づらいなど、ちょっとストレスになる部分も。パズルをやり直す際のロードがやや長いのも気になった。個性的なキャラデザインや物語は味がある。

週刊ファミ通1611号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
7

縦横無尽の広い2Dマップからして、アクション主体のゲームと思いきや、各エリアで行く手を阻むパズルもかなりの歯応え。集めたガレキを攻撃に使うだけでなく、重りにしてみたり、形状を変えてギミックを作動させるなど、手段もさまざまで頭を使う。わかりやすいヒントを制限なく見られることや、リセット機能があるのはありがたい。仲間との会話がちょこちょこ挟まれるのもいいアクセントに。

週刊ファミ通1611号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
改造人間に生まれ変わった少女レイカとなって、ガレキを自在に操る能力を駆使して武器や足場を作り、世界を救うべく凶悪なロボット軍団“アジート”と戦いをくり広げる。
発売日
2019年10月24日
価格
3500円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー / パズル
メーカー
レイニーフロッグ
詳細を見る

GIGA WRECKER ALT.に関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』パッケージ版のディスク表面の誤表記についてアナウンス。“Play Disc”と“Data Disc”の表記が逆に。商品の対応については検討中
  2. 2
    『リコリコ』“千束の銃”が東京マルイから3月14日に発売。スパイク付きのストライクフェイスなどを忠実に再現
  3. 3
    『ぼっち・ざ・ろっく!』ローソンコラボが3月5日より実施。描き下ろしイラスト使用のクリアファイルやステッカー、限定パッケージのお菓子が登場
  4. 4
    『エクスアストリス』10時間プレイレビュー。1500円とは思えないほど世界観・戦闘のすべてが濃厚。“白夜”と“極夜”に分かたれた惑星での生活の虜に
  5. 5
    『ストリートファイター』×ポッキーのオリジナルゲームに狩野英孝モデルの新キャラ・EIKOが参戦。必殺技はエイコーゴーとローズセレモニー
特設・企画