クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
臨終間近の患者が思い残した夢を叶えてあげる医者となって、“月に行きたい”と願う老人の記憶をたどり、彼の人生を追体験しながら、秘めた思いを解き明かしていく。
発売日
2020年01月16日
価格
1091円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
X.D. Network
詳細を見る

To the Moon(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

人生の最期を迎える人の夢を叶える、という作品の設定だけでも興味を惹かれる。依頼者の老人の記憶を遡り、人生を断片的に見ていくことで真実が明らかになるとともに、思い入れも深まっていきます。切なくも、見終えたときに満たされた気持ちになるストーリーは、すばらしいのひと言。それだけに、たまに翻訳が少し変なところがあるのは惜しい。動作の不具合は、今後の修正に期待したいところ。

週刊ファミ通1627号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

アイテム探しや簡単なパズルなどを方便に、ある老人の一生を追体験できる短編作。過去バージョンの『RPGツクール』をベースとした基本システムや操作性に特筆すべき長所はないものの、BGMのチョイスや場面の見せかたが秀逸です。最終的に、「これは誰のための物語なのか?」と考えを巡らせたくなるほど、作品世界に入り込めます。ゲームデータの呼び出し関連の処理が快適なところもいいですね。

週刊ファミ通1627号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

物語を表現する手段にゲームが選ばれたことで、ハートウォーミングなドラマが、心に残る体験へと昇華しています。人の大切な記憶を遡っていく行為には、覗き見をする背徳感も。対象にインタラクトしにくかったり、主人公たちの軽口が少々乱暴に思えるなど、やや粗削りなところもあったけど、ステキなお話でした。記憶の欠片がそれぞれどんな思い出と結びついていたのか、全部知りたかったな。

週刊ファミ通1627号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
9

老人の記憶を遡りながら思い出の欠片を集めていくシステムは、異なるシチュエーションやミニゲーム、主人公たちの軽妙なやり取りなどを交えて飽きさせない作りに。そして、集めた記憶が牽引する後半の怒涛の展開! 音楽やカメラワークも含めた映画的演出が光る、至極のアドベンチャー。斜め移動やダッシュができないといった操作系に関するモヤモヤも、“作品”としての魅力の前では些末なことです。

週刊ファミ通1627号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
臨終間近の患者が思い残した夢を叶えてあげる医者となって、“月に行きたい”と願う老人の記憶をたどり、彼の人生を追体験しながら、秘めた思いを解き明かしていく。
発売日
2020年01月16日
価格
1091円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
X.D. Network
詳細を見る

To the Moonに関連

すべて見る
  1. 1
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  2. 2
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  3. 3
    『ヘブバン』初となる茅森月歌のユニゾンスタイル実装、スキル演出に月歌と和泉ユキのふたりが登場。2/22生放送まとめ【ヘブンバーンズレッド】
  4. 4
    『ときメモ』30周年記念ライブが5月18日・19日に開催。藤崎詩織役の金月真美らキャストが集結。ファン必見の新“ゲーム風映像”がライブ中に登場
  5. 5
    【エルデンリングDLC】『SHADOW OF THE ERDTREE』宮崎英高ディレクターの国内メディア独占インタビュー。過去最大規模のDLCで描かれる“影の地”の物語、その詳細が明らかに!