クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
馬主兼生産者として多彩ななドラマを体験していくシリーズ最新作は、競走馬のライバル関係が色濃く描かれているほか、新たなドラマを生む“絆コマンド”など新要素を追加。
詳細を見る

ウイニングポスト9(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

馬どうしの“ライバル対決”が追加され、これまで以上に短期〜中期的な目標が明確になり、遊びやすくなった。また、“絆コマンド”によって人どうしのドラマ性および、馬主としての戦略性がアップしたのは魅力的。他方、根幹となるベースはさほど変わらず。遊びの多様性はあるけれど、チュートリアルやUI含め、やや地味な印象も。ファンは安心して楽しめる反面、情報量の多さで初心者は煩雑に感じるか。

週刊ファミ通1581号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

グラフィックが向上し、よりきれいな画面で馬主生活が楽しめるようになったのがグッド。ライバル対決や絆システムの搭載も、イベントを盛り上げるいいスパイスに。基本的な内容としてはいつもの『ウイポ』で、安心して遊べるし、安定のおもしろさでファンを満足させてくれます。ですが、欲を言えば、5年ぶりのナンバリングの新作なのだから、もっと大きな変化や進化が欲しかったという思いも。

週刊ファミ通1581号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

ライバル対決をフィーチャーした作りが、馬主ライフをドラマチックにしてくれる。レース中に対決を盛り上げる実況が入るのも○。演出面だけでなく、ライバルとの勝敗が馬の成長などにも影響してくるので、自然と熱が入ります。人馬の絆を表現しつつ、攻略の鍵となる“絆コマンド”のシステムもグッド。『8』のシリーズであった、3D化された牧場を眺められる演出がなくなったのは寂しいかな。

週刊ファミ通1581号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

ライバル馬の登場により、対決に勝つという身近な目標ができることで調教にも熱が入る。勝負に負けても、有名馬と渡り合えたことが手応えとモチベーションにつながるね。人々との交流で獲得する“絆コマンド”は、初心者にもとっつきやすくていい。回数制なので使いどころは悩ましいが、その先のスケジュールを意識するきっかけにもなる。覚えることは多いが、プレイ評価システムもよい指針に。

週刊ファミ通1581号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
馬主兼生産者として多彩ななドラマを体験していくシリーズ最新作は、競走馬のライバル関係が色濃く描かれているほか、新たなドラマを生む“絆コマンド”など新要素を追加。
詳細を見る

ウイニングポスト9に関連

すべて見る

ウイニングポスト9に関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画