クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
稼動中のアーケードゲームの移植作品。主人公のビートとなって、7枚のカードでデッキを組み、仲間とともに凶悪な超戦士たちと対決していく。約1160枚のカードを収録。
発売日
2019年04月04日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

ストーリーモードのチュートリアルがわかりやすいので、シリーズ初心者でも遊びやすいのがいいですね。過去に筺体で配信されたミッションも遊べるほか、シリーズ初のオンライン対戦の搭載や、ミッションに加えてオリジナルカードも作れるようになっているなど、遊びが充実しているのもナイス。欲を言えば、キャラのモデリングとアクションのクオリティーがもう少し高いと、さらによかったかな。

週刊ファミ通1587号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

7対7の形式に進化したバトルは、戦略の幅が広がるとともに、集めたカードを試しに使いやすくもなっていて、いいね。オリジナルカードを作れる機能は、キャラの配置などのデザインや能力の調整といったエディットの自由度が高く、創造力を刺激され、楽しめます。バトルなど、随所でタッチ操作に対応しているのも、プレイがスムーズにできて○。オンラインでの対戦が可能になったのも喜ばしい。

週刊ファミ通1587号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
9

ユーザーインターフェースのアレンジも無理がなく、アーケード版のクオリティーとゲームテンポを存分に体感できるカードバトルものとしては、ほぼ満点のデキ。ストーリーモードの、アーケード版のゲーム世界に干渉する物語展開も、ファン心理をいい意味で刺激します。カードやミッションをオリジナルで作成できるモードは、既存の枠に収まらない創造性を発揮できる機会としても魅力的です。

週刊ファミ通1587号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

ガチャでカードを引けたり、タッチ操作などによる特殊なバトルが挿入されたりと、アーケードライクな仕立てに気分が盛り上がります。想像以上に奥の深い戦術性にびっくり。入手したパーツを組み合わせたり重ねたりで、オリジナルカードをエディットするのにもハマりました。多少のムリはあるけれど、原作の世界、ゲームの世界、ゲーム内ゲームの世界を描き分け、まとめているがんばりにも好感。

週刊ファミ通1587号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
稼動中のアーケードゲームの移植作品。主人公のビートとなって、7枚のカードでデッキを組み、仲間とともに凶悪な超戦士たちと対決していく。約1160枚のカードを収録。
発売日
2019年04月04日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッションに関連

すべて見る

スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッションに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    『ワンピース』一番くじが本日(2/23)発売。【ルフィから弾き飛ばした痛みと疲労】のルームライトが“D賞”の景品として登場
  4. 4
    映画『忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』12月公開。土井先生活躍の人気小説がファン待望の映像化
  5. 5
    【Amazon】PS5+ソフトセットがお得なセールが開催。『FF7 リバース』『龍が如く8』『鉄拳8』などが対象に