不動産屋に入社したばかりの新入社員となって、実際にプリントアウトした間取り図とゲーム中に散りばめられたヒントを手掛かりに、物件のどこかに潜むオバケを捜し出す。
発売日
2018年10月11日
価格
1388円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー / パズル
メーカー
ギフトテンインダストリ
詳細を見る

マドリカ不動産のレビュー・評価・感想

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

紙やペンなどをあらかじめ用意しておくことでより楽しめる、ユニークなデザインのパズルゲーム。部屋の見取り図をプリントするのにひと手間かかるけれど、デジタルとアナログを融合させた遊びは、本作ならではの魅力。ふたりプレイで意見をぶつけ合って解答を探る過程には、リアル脱出ゲームに通じるおもしろさがあります。物件(ステージ)ごとに、パズルの解きかたがガラリと変わるのもナイス。

週刊ファミ通1559号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

紙とペンを使って謎解きをする、ゲーム機とアナログな遊びを融合させた作りが、かえって新鮮。専用の用紙を手元に置き、部屋の間取りなどを見ながら自分の居場所を確認し、メモを取りつつ謎を解くのは、発見の喜びがあって楽しい。専用の用紙を印刷するのは、ひと手間かかるものの、印刷用のサイトにQRコードですぐにアクセス可能なほか、回答が見られるページなどもあり、フォローは万全。

週刊ファミ通1559号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

各物件(ステージ)の謎解きは、最終的には“入力コマンド探し”に収束するものの、その過程のバリエーションが多彩で飽きません。謎解きの難度はさておき、システム面での縛りはかなりゆるめ。物件情報のプリントアウトサービスなど、プレイヤーの意識がゲーム画面の外側に逸脱していく仕掛けも多数用意され、それらを利用するほどに、“ナラティブなゲーム体験”の醍醐味を味わえるでしょう。

週刊ファミ通1559号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

あえて紙の間取り図を別途用意して遊ぶという、大掛かりなところがアトラクション的で新感覚。大発明にもつながりそうな、意欲的な試みを応援したい。とはいえ、ニンテンドースイッチの中だけで完結していれば、とも思ったり。問題はひらめきが重要なものから計算力が試されるものまでさまざま。頭も時間も使わないと解けない難題もあり、脱出ゲームや脳トレに慣れたプレイヤーも満足できそう。

週刊ファミ通1559号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

不動産屋に入社したばかりの新入社員となって、実際にプリントアウトした間取り図とゲーム中に散りばめられたヒントを手掛かりに、物件のどこかに潜むオバケを捜し出す。
発売日
2018年10月11日
価格
1388円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー / パズル
メーカー
ギフトテンインダストリ
詳細を見る

マドリカ不動産に関連

すべて見る

マドリカ不動産に関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リメイク』を始めとするスクウェア・エニックス新作情報! アーリーアクセス直前の『FF14: 漆黒のヴィランズ』大特集も!!(2019年6月20日発売号)【今週の週刊ファミ通】
  2. 2
    【ソフト&ハード週間販売数】『ドラえもん のび太の牧場物語』が4.2万本セールスで首位スタート。各種ハードも堅調な動き【6/10~6/16】
  3. 3
    『モンスターハンター フロンティアZ』12月18日をもってサービス終了へ。約12年の歴史に幕を下ろす
  4. 4
    野村哲也氏のインタビューも! 『FF7 リメイク』の最新情報を総まとめ【先出し週刊ファミ通】
  5. 5
    『FF7 リメイク』北瀬佳範プロデューサーのコメントとデモプレイで固有アビリティの存在などさらなる新情報が判明! 2作目の企画・プロットも並行して進行中【E3 2019】
特設・企画