クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
親友のArinaとFrendtのふたりが、ノスタルジックな雰囲気が漂う不思議な島々を冒険。時間を進めたり戻したりしながら島に仕掛けられた謎を解き明かし、頂上を目指す。
発売日
2018年09月20日
価格
2036円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー / パズル
メーカー
The Voxel Agents
詳細を見る

The Gardens Between(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

とてもステキな雰囲気を持った作品で、丁寧に作られているのが好印象。時間を進めたり巻き戻したりしてパズルを解きながら、ふたりの親友の思い出や関係性が少しずつ明かされていく構成がグッド。各ステージがコンパクトにまとまっているので遊びやすい。テキスト表示による説明はないが、それがあえて想像力を膨らませてくれる。欲を言えば、もう少しボリュームがあると、うれしかったな。

週刊ファミ通1559号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

時間の流れを操作して解くパズルは、いろいろな場所を観察して解法を探すのが楽しい。ただ、時間を進めては戻してをくり返すのが少々面倒くさいときもあるので、倍速で動かせたりすると、なおよかったな。隠し要素も含め、全体のボリュームがあまりないため、もうちょっと価格が安ければ……とも思う。不思議な空間でありつつ、ノスタルジックなムードや、それを彩る音楽などはステキです。

週刊ファミ通1559号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
7

時間の流れを制御して、因果の順序を変えて謎を解いていくゲーム性はシンプル。各ステージのギミックのおもしろさと、キーになるアクションを見つけた瞬間の“してやったり感”が、プレイのモチベーションになります。早解きタイプのパズルゲームファンにはボリューム面で物足りなさを感じるかもしれませんが、各ステージのモチーフとストーリーデモで恣意的に綴られる物語世界は魅力的です。

週刊ファミ通1559号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

子どものころ、友だちと過ごした大切な思い出がパズルのテーマとなっていて、解き明かすたびに温かい気持ちと寂しさとが心に去来します。ハッキリとは語られず、プレイヤー自身の記憶を投影する余地が残された物語にしんみり。映像とサウンドが美しく、詩的に感じられました。時間の操作が謎解きのキーとなっている点にもハッとさせられます。もう少し長く、この世界に浸っていられれば。

週刊ファミ通1559号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
親友のArinaとFrendtのふたりが、ノスタルジックな雰囲気が漂う不思議な島々を冒険。時間を進めたり戻したりしながら島に仕掛けられた謎を解き明かし、頂上を目指す。
発売日
2018年09月20日
価格
2036円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー / パズル
メーカー
The Voxel Agents
詳細を見る
  1. 1
    “カービィカフェ”の新しいグランドメニューが3月1日より提供開始。ローストビーフ丼はカービィのかわいいランチボックス付き
  2. 2
    『龍が如く8』ツッコミどころ満載かと思ったら、春日の熱き言動と桐生の人生に泣かされる。サブ要素まで体験し尽さないと損な理由
  3. 3
    『龍が如く3』15周年。新たに沖縄が舞台として追加。極道である桐生の堅気としての姿も描かれるようになったシリーズ転機の作品【今日は何の日?】
  4. 4
    『グラブル リリンク』攻略本が3月27日に発売。わかりやすいマップ付きでメインストーリーやクエストの攻略情報を解説
  5. 5
    『アイマス』シリーズ6つ目となる新ブランドの発表会が3月5日に開催決定。ティザー映像も公開