クロスレビュー

平均

7.8
伊勢志摩地方を舞台に、ある殺人事件の解決に挑むファミコン風サスペンスアドベンチャーゲーム。現場検証や聞き込みなど、ひと筋縄ではいかないハードな仕様が特徴。
詳細を見る

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

グラフィックやサウンドを始め、ファミコンテイストへの強いこだわりが感じられる、コマンド選択式アドベンチャー。荒井清和先生のキャラ&ドット絵はまさに職人技で、当時の懐かしさが甦る。いまの時代に『オホーツクに消ゆ』風のサスペンスドラマが楽しめるのは貴重。ゲームデザインやユーザーインターフェースまで、よくも悪くも当時の作りを重視しているため、じれったさを感じる人はいるかも。

週刊ファミ通1576号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

ファミコン時代のコマンド選択式アドベンチャーの作りを踏襲し、隅々までそれらしさを再現することへのこだわりが感じられるのが○。サスペンスやミステリーのテレビドラマ風のムードも渋い。若干不便な部分や、昔のゲームにはありがちだったが、いまのゲームに慣れた人だとつまづきそうなポイントなどもあるが、ゲーム内でいつでも確認できる取扱説明書にヒントが書かれているというフォローも。

週刊ファミ通1576号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
7

推理・謎解き要素がありそうでその実、旧来のアドベンチャーゲームのフォーマットで味わう一本道のドラマ。スキップや速度調整不可のシナリオテキスト表示のテンポも含めて、ほどよいレトロゲームっぽさを満喫できます。能弁で先回りがちなテキストをどう受け取るかで作品の印象が変わってきそうですが、いちおっさんゲーマーとしては“ネタ元”の偉大さを再確認できるよい時間を過ごせました。

週刊ファミ通1576号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

人情味とスリルとお色気(?)が盛り込まれた、メリハリのあるシナリオに引っ張られ、最後まで一気に遊ばずにはいられませんでした。あとで「やっぱりそうだったか」と思わせる、ほのめかしの程度も絶妙。便利なコマンド選択式でいて、ちゃんと自分で解決した達成感も得られます。昔ながらのコンセプトは大歓迎ですが、バックログなどいま風の便利機能を一部採用しても違和感はないかも。続編希望!

週刊ファミ通1576号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8
伊勢志摩地方を舞台に、ある殺人事件の解決に挑むファミコン風サスペンスアドベンチャーゲーム。現場検証や聞き込みなど、ひと筋縄ではいかないハードな仕様が特徴。
詳細を見る

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠に関連

すべて見る

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠に関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモンSV】ふしぎなおくりもの一覧。配布シリアルコード、あいことばまとめ【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    【モンハン新作】『モンスターハンターワイルズ』が2025年に発売決定。PS5、Xbox Series X|S、PCで展開【The Game Awards 2023】