クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
心理的な恐怖を煽る、“ジャパニーズホラー”がテーマ。仲間の死や異形のものとの出会いなど、日常を少しずつ蝕む怪奇な物語が、マルチエンディング形式で描かれている。
発売日
2018年09月13日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
エクスペリエンス
関連サイト
http://no-good.jp/
詳細を見る

NG(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

『死印』からの正統進化。日常を丁寧に描くことで、非日常への対比を際立たせることに成功しています。主人公の行動や反応によって、シナリオが細かく分岐するのが○。時間制限つきの選択肢も、緊張感を高めてくれる。登場人物たちは、よくも悪くもアクが強くて個性的な印象。『死印』のアップデートで改善されたバックログ機能などが完備されているので、ユーザーインターフェースまわりは良好です。

週刊ファミ通1553号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

じわじわと迫って来る恐怖感がスパイスになりつつ、先の気になる物語に引き込まれる。怪異への対処法が、単に道具を選ぶだけでなく、周囲の環境なども利用可能になり、行動の幅に広がりを感じられるようになった。ただ、わかりにくい場面だと総当たりになるかも。グロテスクな描写もあるが、グラフィックや空気感がすばらしく、登場人物の死亡シーンもインパクトがあって、ひとつの見どころに。

週刊ファミ通1553号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
8

気がつくとイヤ〜な空気に包まれているタイプのホラーもの。ゲームならではの独特の“間”が、恐怖演出に効果的に用いられています。マップ移動やアイテム使用などの謎解き要素の難度はさほど高くなく、適度なじれったさを味わえます。制限時間がある行動選択シーンで、失敗してもすぐにリトライできる点はよいのですが、テキスト送りやシーンジャンプ系の操作面がもう少し充実していれば……。

週刊ファミ通1553号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

不良の主人公を始め、クセのある登場人物たちがいい味出しています。ひと昔前の都市部が舞台である点や、昔話をベースとした心霊エピソードなど、日本人を怖がらせるツボを押さえた構成。いい意味で終始「イヤ〜な感じ」です。幽霊側への同情心や、仲間を守りたい気持ちが働く、シナリオ分岐も○。場面によってはアイテム使用や移動などのコマンドが少々わかりにくく、テンポが崩れるのが惜しい。

週刊ファミ通1553号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
心理的な恐怖を煽る、“ジャパニーズホラー”がテーマ。仲間の死や異形のものとの出会いなど、日常を少しずつ蝕む怪奇な物語が、マルチエンディング形式で描かれている。
発売日
2018年09月13日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
エクスペリエンス
関連サイト
http://no-good.jp/
詳細を見る
  1. 1
    『エクスアストリス』10時間プレイレビュー。1500円とは思えないほど世界観・戦闘のすべてが濃厚。“白夜”と“極夜”に分かたれた惑星での生活の虜に
  2. 2
    『FF7 リバース』パッケージ版のディスク表面の誤表記についてアナウンス。“Play Disc”と“Data Disc”の表記が逆に。商品の対応については検討中
  3. 3
    『リコリコ』“千束の銃”が東京マルイから3月14日に発売。スパイク付きのストライクフェイスなどを忠実に再現
  4. 4
    『パワプロ2024』Switch&PS4で発売決定! 人気モード栄冠・パワフェス・サクセスと30周年記念モードを紹介【先出し週刊ファミ通】
  5. 5
    ポケカアプリがついに登場『ポケモン トレーディングカードゲーム ポケット』【ポケモンプレゼンツ2024.2.27】