クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
2007年発売の本編に新シナリオを追加しているほか、操作性やグラフィックなどをブラッシュアップ。特殊能力に目覚めたネクとなって、生き残りをかけた戦いをくり広げる。
発売日
2018年09月27日
価格
4800円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

すばらしきこのせかい -Final Remix-(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
9

11年ぶりにプレイしてみましたが、グラフィックや演出、BGMなどのセンスのよさと、独創性の高さに改めて感心させられました。もとがDSなのでタッチ操作に違和感はなく、新たに追加されたJoy-Conのおすそわけプレイによって、ふたりで楽しめるのもグッド。本編終了後の世界を描いた追加シナリオや、アレンジ版とオリジナル版両方のBGMが収録され、好きなときに切り換えられるのもいいね。

週刊ファミ通1555号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

いまなお、独自性のあるシステムや個性豊かなキャラなどの魅力が光る作品で、それをHD対応のグラフィックと高音質になった曲でプレイできるのは喜ばしい。操作は、タッチと、Joy-Conのセンサーでポインターを動かす方式とで、それぞれに一長一短ある印象。追加要素はオリジナル版を遊んだ人も興味を惹かれるポイントとなるほか、おすそ分けバトルでシキを操作して協力できるのはうれしい。

週刊ファミ通1555号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

10年以上経ってなお斬新さが際立つ、システムやユーザーインターフェース、表現がすばらしい。独創的でありながら、わかりにくさがないところも秀逸。シブヤの街や主人公の性質を音に変えたような、気だるいボーカル曲が耳に残ります。タッチ操作とJoy-Conのそれぞれに扱いにくいアクションがあったものの、両方に対応しているのはいいですね。名作をこの価格で手に取ることができてハッピー。

週刊ファミ通1555号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

2007年の作品がベースとは思えないほど、ポップでオシャレな世界観。その一方で、現在とは微妙に違う11年前の渋谷の街並が“異世界”感を演出。ほかとは一線を画するデスゲームを盛り上げます。Joy-Con操作は、タッチ操作が抜群なだけに、少しだけストレスを感じる場面もあり。バッジやシナリオなど追加要素はうれしいが、7日間をくり返す物語だからこそ、新シナリオが柔軟に遊べたらとも。

週刊ファミ通1555号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
2007年発売の本編に新シナリオを追加しているほか、操作性やグラフィックなどをブラッシュアップ。特殊能力に目覚めたネクとなって、生き残りをかけた戦いをくり広げる。
発売日
2018年09月27日
価格
4800円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

すばらしきこのせかい -Final Remix-に関連

すべて見る

すばらしきこのせかい -Final Remix-に関連

すべて見る
  1. 1
    『ちいかわ』×くら寿司コラボが3月8日から実施。お寿司になったちいかわたちのキーホルダーが“ビッくらポン!”で当たる
  2. 2
    『遊戯王 マスターデュエル』新パックの内容が公開。“レッド・デーモンズ”の強化カードや、海外テーマ“ティスティナ”が登場
  3. 3
    【NIKKE】3/7アップデート情報まとめ。D:キラーワイフが実装。プロフィールフレーム、トライブタワーが550、企業が500まで追加。School of Lockがアーカイブ化【ニケ】
  4. 4
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  5. 5
    『UNDERTALE』サンズやパピルスたちがぶらさがるマスコットになって登場。“UNDERTALE ハグコット”の予約販売が3/5より開始