クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
最新作は、近年のロボットアニメを始め、『魔神英雄伝ワタル』や『ふしぎの海のナディア』が参戦し、全23作品が共演。異世界を舞台に、1話完結型のストーリーが展開される。
発売日
2018年03月29日
価格
8600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://srwx.suparobo.jp/
詳細を見る

スーパーロボット大戦X(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

システム面で、前作『スパロボV』からの大きな変化はないが、新たな特殊スキルの追加や“Magicカスタマイズ”の枠の拡張、そしてより遊び応えのある“エキスパートモード”も加えられ、ユニット強化のやり甲斐がアップ。『魔神英雄伝ワタル』や『ふしぎの海のナディア』の参戦は、見た目にも意外性があっておもしろいし、30代後半あたりの世代に突き刺さるのでは。魔法を使う主人公という設定も新鮮味あり。

週刊ファミ通1529号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

両機種版とも戦闘時のロードが短く、それでいてアニメさながらのリッチな演出を楽しめるのがスゴイ。参戦作品こそちょっと少なめに感じてしまいますが、だいぶ毛色の違った新規参入タイトルによって、バラエティー色は増大。前作同様、ひいきのパイロットにスキルをこれでもかと覚えさせ、育成するのが楽しい。システム的にこれといった新規要素はないけれど、より遊びやすく熟成されています。

週刊ファミ通1529号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
9

『スパロボV』をベースにしたシステムは、全体的に遊びやすくて好印象。大きな変更点はないものの、“エクストラアクション”のコマンドやカスタマイズの効果などが追加されて、戦略性は増している。グラフィックのデキも最高で、ロボットはもちろん、キャラのカットインにもさらに力が入っていて◎。原作の曲が流れる“期間限定生産版”はちょっと高価だけど、ファンには値段に見合った価値があるかと。

週刊ファミ通1529号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 PS4
8

戦闘システムは前作『スパロボV』を踏襲。“エクストラアクション”や“エクストラオーダー”に新コマンドが追加されるなど、全体的にブラッシュアップ。最初から選べる高難度のエキスパートモードも加わり、歯応えも増している。『ナディア』参戦はうれしいが、ほかに比べて1990年代のタイトルが若干弱いか。思い入れの強い参戦作品があれば、サビから流せる戦闘時のBGM設定も手伝い、戦いは激アツ。

週刊ファミ通1529号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
最新作は、近年のロボットアニメを始め、『魔神英雄伝ワタル』や『ふしぎの海のナディア』が参戦し、全23作品が共演。異世界を舞台に、1話完結型のストーリーが展開される。
発売日
2018年03月29日
価格
8600円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://srwx.suparobo.jp/
詳細を見る

スーパーロボット大戦Xに関連

すべて見る

スーパーロボット大戦Xに関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモンSV】最強のリザードンのテラレイドバトルが本日(12/2)より開催【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    【ポケカ】VSTARユニバースのSAR/ARまとめ。リザードンVSTARやミュウツーVSTAR、カイ、シロナの覇気など事前に発表されたカードを紹介
  3. 3
    【アイマス】『アイドルマスター SideM』の楽曲が本日(12/2)よりサブスク解禁。対象となるのはランティスレーベルの約450曲
  4. 4
    『ポケモンSV』更新データ(Ver.1.1.0)が12/2に配信。ランクバトルがついに解禁!【スカーレット・バイオレット】
  5. 5
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
特設・企画