クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
指定の場所に隠された機密データを入手するため、4対4のオンラインバトルをくり広げる、PS VR専用FPS。プレイヤーは攻撃側と防衛側に分かれて、作戦を遂行する。
発売日
2018年08月30日
価格
4900円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
詳細を見る

Firewall Zero Hour(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

比較的シンプルなゲーム性で、昨今のFPSと比べるとやや物足りなさも感じるが、PS VR専用でPSVRシューティングコントローラー対応だけあって、頭と手を動かせば実際にリーン撃ちができるなど、現実そのままのサバゲー感覚が味わえるのが魅力。チーム対戦は1試合約5分とテンポがよく、FPS初心者でも気軽に楽しめるけれど、シングルプレイは敵AIがイマイチで、ひたすら力押しになりがち。

週刊ファミ通1556号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
7

対戦型のガンシューティングとしてのクオリティーやゲーム内容は標準的なレベルですが、そこにPS VRとPS VRシューティングコントローラーが組み合わさることで、高い没入感が得られ、遊び始めると夢中になってしまうおもしろさがある。1バトルが5分で決着がつくのも、テンポよく楽しめて○。移動が遅めに感じられる部分は、VR酔いしにくい長所と、もどかしさを覚える短所の両方となっています。

週刊ファミ通1556号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

PS VRシューティングコントローラー対応のFPSで、本格的な対戦が可能というだけで貴重な存在。対戦の制限時間は短いが、戦闘を活発化させる、いい調整。自キャラの移動スピードがゆっくりめだが、そのぶん立ち回りが重要になり、酔いづらいという利点も。酔い対策の機能もちゃんとある。ルールなどがもっとあればとも思うけど、VRによる次世代のゲームが実現してきたことを体感できるはず。

週刊ファミ通1556号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
7

PS VRシューティングコントローラーを使っての銃撃は、狙いもスムーズで没入感を高めてくれます。マップなどの情報が腕の端末に表示されるなど、VRならではの見せかたもクール。FPSとしてはシンプルな作りで、1マッチが短めで体の負担になりにくい。移動速度がゆっくりめで、少しもどかしい場面もあるが、おかげでVR酔いしにくい印象。攻防戦は白熱するけど、ルールが豊富にあればなおよかった。

週刊ファミ通1556号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
指定の場所に隠された機密データを入手するため、4対4のオンラインバトルをくり広げる、PS VR専用FPS。プレイヤーは攻撃側と防衛側に分かれて、作戦を遂行する。
発売日
2018年08月30日
価格
4900円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
詳細を見る

Firewall Zero Hourに関連

すべて見る

Firewall Zero Hourに関連

すべて見る
  1. 1
    PS Plusのラインアップが公開。『ゴースト・オブ・ツシマ』『デモンズソウル』『アサクリ ヴァルハラ』『NBA 2K22』などが登場。『サルゲッチュ』『ジャンピングフラッシュ!』といったクラシックタイトルも
  2. 2
    『フォールガイズ』Switch版、Xbox版が登場。さらに基本プレイ無料に。開発中のステージクリエイトモードの公開も
  3. 3
    ロッテ佐々木朗希の最新能力を独占入手!『パワプロ2022』&『プロスピ2021』アプデ5/19実施決定。鈴木誠也も収録
  4. 4
    『Apexモバイル』各レジェンドのパークまとめ。ダウンした状態でも使えるレイスの虚空、範囲が狭くなるが360度スキャン可能なブラハなどモバイル限定システムをお届け
  5. 5
    『PUBG MOBILE』に『エヴァ』の碇シンジや綾波レイ、初号機をモチーフにしたスキンが登場