クロスレビュー

平均

7.8
指定の場所に隠された機密データを入手するため、4対4のオンラインバトルをくり広げる、PS VR専用FPS。プレイヤーは攻撃側と防衛側に分かれて、作戦を遂行する。
発売日
2018年08月30日
価格
4900円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
詳細を見る

Firewall Zero Hour(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

比較的シンプルなゲーム性で、昨今のFPSと比べるとやや物足りなさも感じるが、PS VR専用でPSVRシューティングコントローラー対応だけあって、頭と手を動かせば実際にリーン撃ちができるなど、現実そのままのサバゲー感覚が味わえるのが魅力。チーム対戦は1試合約5分とテンポがよく、FPS初心者でも気軽に楽しめるけれど、シングルプレイは敵AIがイマイチで、ひたすら力押しになりがち。

週刊ファミ通1556号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
7

対戦型のガンシューティングとしてのクオリティーやゲーム内容は標準的なレベルですが、そこにPS VRとPS VRシューティングコントローラーが組み合わさることで、高い没入感が得られ、遊び始めると夢中になってしまうおもしろさがある。1バトルが5分で決着がつくのも、テンポよく楽しめて○。移動が遅めに感じられる部分は、VR酔いしにくい長所と、もどかしさを覚える短所の両方となっています。

週刊ファミ通1556号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

PS VRシューティングコントローラー対応のFPSで、本格的な対戦が可能というだけで貴重な存在。対戦の制限時間は短いが、戦闘を活発化させる、いい調整。自キャラの移動スピードがゆっくりめだが、そのぶん立ち回りが重要になり、酔いづらいという利点も。酔い対策の機能もちゃんとある。ルールなどがもっとあればとも思うけど、VRによる次世代のゲームが実現してきたことを体感できるはず。

週刊ファミ通1556号より

梅園ウララ
ファミ通公式 PS4
7

PS VRシューティングコントローラーを使っての銃撃は、狙いもスムーズで没入感を高めてくれます。マップなどの情報が腕の端末に表示されるなど、VRならではの見せかたもクール。FPSとしてはシンプルな作りで、1マッチが短めで体の負担になりにくい。移動速度がゆっくりめで、少しもどかしい場面もあるが、おかげでVR酔いしにくい印象。攻防戦は白熱するけど、ルールが豊富にあればなおよかった。

週刊ファミ通1556号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8
指定の場所に隠された機密データを入手するため、4対4のオンラインバトルをくり広げる、PS VR専用FPS。プレイヤーは攻撃側と防衛側に分かれて、作戦を遂行する。
発売日
2018年08月30日
価格
4900円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
詳細を見る

Firewall Zero Hourに関連

すべて見る

Firewall Zero Hourに関連

すべて見る
  1. 1
    『ソフィーのアトリエ』着替えを見られて涙目で怒るソフィーのフィギュアが登場。エビテン限定特典は描き下ろしイラスト使用のアクリルコースタースタンド
  2. 2
    【FF】『ファイナルファンタジー』UTがユニクロで6月下旬に発売。モーグリを優しいタッチで描いたTシャツがかわいい
  3. 3
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  4. 4
    ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい
  5. 5
    【今週発売のおすすめタイトル】『ビックリマン』スマホ向けRPGが4/19リリース。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版や『UFOロボ グレンダイザー』なども登場【4/15~4/21】