ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、本日(2019年8月14日)、プレイステーション4用ソフト『Firewall Zero Hour』(PS VR専用)において、8月13日より配信中の新シーズン“Operation: Dark Web(オペレーション:ダークウェブ)”で使用可能なアイテムの配信開始を発表した。

以下、リリースを引用

PlayStation4用ソフトウェア(PlayStation VR必須)『Firewall Zero Hour』(ファイアウォール・ゼロ・アワー)新シーズン「Operation: Dark Web」(オペレーション:ダークウェブ)対応アイテム配信のお知らせ

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントはPlayStation4用ソフトウェア(PlayStation VR必須)『Firewall Zero Hour』(ファイアウォール・ゼロ・アワー)において、8月13日(火)より好評配信中の新シーズン「Operation: Dark Web」(オペレーション:ダークウェブ)で使用可能なアイテムを、日本国内に向け、本日8月14日(水)よりPlayStation Store(PS Store)にて配信開始いたしました。

 『Firewall Zero Hour』はPlayStation VR シューティングコントローラーにも対応した、最大4人対4人のオンライン対戦型シューティングゲームです。

 ゲーム内で、プレイヤーは匿名の契約者に雇われた傭兵となります。そして機密データを巡っての攻防戦が繰り広げられる世界へと、身を投じていきます。

 作戦行動中、プレイヤーは仲間である「ハンドラー」からの連絡によって機密データの場所を示され、目標を達成することで報酬を獲得することができます。

 攻撃側(アタッカー)と防衛側(ディフェンダー)に分かれて戦う本作では、ボイスチャットなどによる、チームメンバー間での連携が重要なポイントとなります。

 2018年8月の発売から約1年、『Firewall Zero Hour』はユーザーの皆様からのご意見を反映しつつ、アップデートを繰り返してきました。

 今回新シーズン「Operation: Dark Web」も、前シーズン「Operation: Nightfall」(オペレーション:ナイトフォール)同様、専用の「Dark Webオペレーションパス」によってプレミアムミッションやボーナスミッションがほぼ毎週プレイ可能となり、その報酬であるコスメティックアイテムは各ミッション完了直後から使用可能となります。

「Operation: Dark Web」で入手可能なアイテムは以下になります。

新タクティカル装備

 発売後初めて、タクティカル装備が新規追加されます。新たな戦術によるプレイが可能になり、ゲームプレイにさらなる幅が生まれます。

※ゲーム進行によっても獲得可能です。

【シーズン開幕時】

  • モーションセンサー
     プレイヤーランク13以上、7500コインでシーズン開幕から獲得可能。モーションセンサー設置地点から一定範囲内の敵プレイヤーを検知します。

 敵プレイヤーが範囲内に入ると、モーションセンサーを設置したプレイヤーには赤いシルエットで敵プレイヤーが通知され、他の味方プレイヤーにはリストタブレットに赤い点で位置情報が通知されます。

  • クイック・スモーク
     プレイヤーランク5以上、3200コインでシーズン開幕から獲得可能。インパクト・グレネードのように衝撃で起爆し、瞬時に辺りにスモークを撒きます。

新マップ

 「Operation: Dark Web」ではシーズン中に2つのマップが追加されます。

【シーズン開幕時】

  • 新マップ「ニュースルーム」
     オーストラリアが舞台の、遊び心盛りだくさんなマップです。

 「ニュースルーム」は、シーズン期間中、メインメニューやロビーなどの画面でも確認することができます。

【シーズン中盤】

  • 新マップ「カーゴ」
     詳細は続報をお待ちください。

新コントラクター&新スキル

 「Operation: Dark Web」ではシーズン中に2人のコントラクターが追加されます。新コントラクターは、「Dark Webオペレーションパス」を購入することで使用可能になります。

【シーズン開幕時】

  • 新コントラクター「ケイン」
     ニュージーランドの元・特殊航空部隊隊員。
  • 新スキル「ブレード」
     近接攻撃ボタンを押すことで3つまで投げナイフを放つことができます。

 これまで近接でのナイフ攻撃は敵との距離が近すぎるためにリスクが大きいものでしたが、「ブレード」スキルで投げナイフを3つまで投げることができるようになったことで、近接攻撃の幅が広がります。

【シーズン中盤】

  • 新コントラクター「プロキシ」
  • 新スキル「イーグル・アイ」が追加予定。
    詳細は速報をお待ちください。

新武器

 以下の新武器が無料ミッションの獲得報酬として登場します。

【シーズン開幕時】

  • Z1 REAPER
     遠距離用セミオート式タクティカルライフル。

【シーズン中盤]

  • STEN
     低反動、高ダメージのフルオート式サブマシンガン。

新レジェンダリー武器スキン

 本シーズンのレジェンダリー武器スキン「ジャグのSTALKER」は、「Dark Webオペレーションパス」を購入し、かつ全ての無料・プレミアム・ボーナスミッションを完了することで、250,000コインで購入可能になります。

新コスメティック報酬

 各ミッションを完了することで、アクセサリー、フェイスペイント、迷彩スキンなど20種類以上の新コスメティックアイテムが獲得できます。

 「Dark Web オペレーションパス」を購入していれば、無料ミッション以外にも、プレミアムミッション、ボーナスミッションがプレイ可能で、それらの報酬も手に入れることができます。

ハックキー

 「ハックキー」はセット商品「Dark Web オペレーションパス+ハックキー(x25)セット」、または単品「ハックキー(x5)パック」で今シーズンも配信いたします。選んだミッションがすぐ完了される便利アイテムです。

 使用の際、XPは獲得しませんが、ギャラは獲得します。プレイしたいけど時間が無い!というプレイヤーはぜひ活用してください。

 また、前シーズン「Operation: Nightfall」の「ハックキー」は、今シーズン「Operation: Dark Web」でも使用可能です。

 また、過去に配信して好評だったコントラクター「ルビー」と「リンクス」も本日よりPS Storeにて再配信いたします。まだ手に入れていない方は、この機会にぜひお楽しみください。

※こちらはゲームを進行することでも入手できます。

配信アイテム一覧

Operation: Dark Webアップデート**
内容:『Firewall Zero Hour』を所持するプレイヤー全員が利用できる、新マップ等を含む無料アップデート。『Firewall Zero Hour』を最新バージョンにアップデートすれば利用可能です。
価格(税込)*:無料

Dark Web オペレーションパス***
内容:Operation: Dark Webのミッション、タスク、報酬などが利用可能になるパス。
価格(税込)*:1,000円

ハックキー(x5)パック****
内容:使うと選んだミッションがすぐ完了される「ハックキー」の5個セット。使用しても、XPは獲得できないが、ギャラとミッション報酬(コスメティックのみ)は獲得できる。
価格(税込)*:500円

Dark Web オペレーションパス+ハックキー(x25)セット****
内容:「Dark Web オペレーションパス」と「ハックキー」25個をセットにしたパック。
価格(税込)*:3,000円

コントラクタールビー*****
内容:スキル「シーフ」は、死亡した敵プレイヤーからコインを盗むことができる。
価格(税込)*:400円

コントラクターリンクス*****
内容:スキル「アンストッパブル」は、ダウンした場合に自身を一度復活させる。
価格(税込)*:400円

*消費税率8%で計算された価格です。2019年10月1日(火)以降は消費税率10%で計算された価格に変更されます。
** Operation: Dark Webは日本時間2019年10月21日(月)までプレイできます。Operation: Dark Webで追加されるコントラクター「ケイン」「プロキシ」はそれ以降もPS Storeで購入可能です。
***オペレーションパスを使用するには、「Firewall Zero Hour」製品版が必要です。
****ハックキーは無料ミッションに使用できるほか、オペレーションパスを所持している場合はプレミアムミッションやボーナスミッションにも使用できます。
*****過去に配信していたアイテムの再配信となります。こちらはゲームを進行することでも入手可能です。

PS Storeの配信ページはこちら

 今後も新たなアップデートを予定しておりますので、ご期待ください。