クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
巨大なミミズに飲み込まれた“スライムさん”となって、迫りくる胃酸から逃れるために体内を大冒険。市場や道場などが点在する不思議な腸内を、ダッシュで駆け抜けていく。
発売日
2017年10月12日
価格
1092円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
Headup Games
詳細を見る

Slime-san(Switch)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

2Dアクションとしては、比較的オーソドックスな作り。全編に漂うコミカルなノリと演出がナイス。ゲーム開始直後からスライムさんの性能が高めなので、テンポのいい軽快なアクションが楽しめるのがいいね。アクションの難度は高めでトライ&エラーを要求されますが、すぐにリスタートできるのでストレスは感じない。このクオリティーとボリュームで、1180円[税込]という価格設定は、じつに良心的。

週刊ファミ通1567号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

高難度でありながら即座にリトライでき、ひとつひとつのステージは短めなため、挑戦意欲が折れにくいという、よくあるタイプだがツボを押さえた作り。アクション自体は複雑ではないけど、時間制限がある中で壁への張りつきや変形といった動作を交ぜながら、ダッシュとジャンプを駆使してゴールを目指すのはスリルを味わえる。粗めのドットや色数の限定されたデザインは、少々見づらいところも。

週刊ファミ通1567号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
7

ファンシーな見た目に反して、ゲームプレイはスポーツ感覚。タイムリミットが“物理的”に迫ってくる仕様のため、じっくり攻略したいタイプのゲーマーは太刀打ちできないかもしれません。日本人ユーザーにピンポイントで刺さる小ネタ満載のおまけモードでは、本来(?)のユルいムードを楽しめます。各種アンロック要素の条件がもう少し緩めだったら、序盤のプレイモチベーションが安定したかも。

週刊ファミ通1567号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

限られた色数でちまちま描き込まれたステージが、不思議な魅力を放っています。舞台設定やキモカワなキャラたち、ゲップ音が混じるピコピコサウンドなどが、ユニークな世界を構築。慎重さとスピードの両方を求められる難しさですが、主人公の多彩な能力や、ストレスを感じない操作性のおかげで、くじけずに挑戦できます。本編のボリュームが十分なうえ、オマケも多数詰め込まれていてお買い得。

週刊ファミ通1567号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
巨大なミミズに飲み込まれた“スライムさん”となって、迫りくる胃酸から逃れるために体内を大冒険。市場や道場などが点在する不思議な腸内を、ダッシュで駆け抜けていく。
発売日
2017年10月12日
価格
1092円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
Headup Games
詳細を見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    映画『忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』12月公開。土井先生活躍の人気小説がファン待望の映像化
  4. 4
    『ときメモ』30周年記念ライブが5月18日・19日に開催。藤崎詩織役の金月真美らキャストが集結。ファン必見の新“ゲーム風映像”がライブ中に登場
  5. 5
    『ヘブバン』初となる茅森月歌のユニゾンスタイル実装、スキル演出に月歌と和泉ユキのふたりが登場。2/22生放送まとめ【ヘブンバーンズレッド】