クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作では、伝説の大型ライブ“ステラステージ”の成功を目指し、765プロのアイドル13人をプロデュース。アイドルの才能を開花させる“コーチング”機能が登場。
発売日
2017年12月21日
価格
8200円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
シミュレーション / 音楽
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

アイドルマスター ステラステージ(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

前作『プラチナスターズ』と同様、アイドルたちの仕草や表情などのグラフィック演出がすばらしい。新人の子を含め、それぞれの個性づけがうまく、臨場感溢れる構成に。新要素のコーチングは、シンプルだが自分好みのアイドルに育成できる、いいシステム。欲を言えば、アイドルたちとの直接的なコミュニケーション手段がもっと欲しかった。リズムゲームとしての間口が広く、初心者も入りやすい点は◎。

週刊ファミ通1515号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

アイドルたちのかわいらしさとステージングは一級品。新曲と新衣装も、『アイマス』らしい王道感のある仕上がり。“コーチング”でスキルを習得する仕組みは、各アイドルに得意分野を持たせたりでき、少しずつ成長させる感覚が味わえる。営業やレッスンを行うと、ライブで“ブースト”が発動する仕様もナイス。ただ、細かいところで修正点は見られるものの、前作からの大きな変化はあまり感じないかな。

週刊ファミ通1515号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

グラフィックは相変わらずの美しさ。ライブだけでなく、アイドルたちが事務所で見せる細やかな表情にも見とれてしまいます。前作からベースは大きく変わらないものの、いわゆるスキルボードでの育成や、オフをいっしょに過ごすなど、プロデューサー業務が強化されています。大会を見据えたスケジュール管理もより重要に。新登場の詩花はいい子で、765プロのアイドルとのイベントも見どころ。

週刊ファミ通1515号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
9

アイドルの体調管理を行いつつ、特別なライブ“6大タイトル”の制覇を狙うなど、戦略性が前作よりも格段にアップ。“コーチング”によるスキルの習得も、理想のアイドルに育てやすいのも○。ライブシーンも圧巻のデキ。収録楽曲数が大幅に増えており、『太陽のジェラシー』や『蒼い鳥』など、往年の名曲が楽しめるのも見逃せない。新アイドルの詩花もいい味を出していて、765プロとの絡みも楽しめました。

週刊ファミ通1515号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作では、伝説の大型ライブ“ステラステージ”の成功を目指し、765プロのアイドル13人をプロデュース。アイドルの才能を開花させる“コーチング”機能が登場。
発売日
2017年12月21日
価格
8200円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
シミュレーション / 音楽
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

アイドルマスター ステラステージに関連

すべて見る

アイドルマスター ステラステージに関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画