クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
悪の組織“LEGION”の野望を打ち砕くため、特殊能力を持った12人のエージェントたちが敵に立ち向かう。一発逆転を可能にする超必殺技など、ド派手なアクションが魅力。
発売日
2017年12月07日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

エージェンツ オブ メイヘム(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

人間離れした特殊アクションを駆使しながら、オープンワールドを駆けめぐる爽快感が心地いい。特性の異なる3人のキャラを切り換え、敵と戦ったり謎を解いていく戦略性がおもしろく、アメコミ調の世界観とド派手なアクションが相まって、いい意味でバカバカしいプレイ感覚に。ミッションによっては、やや作業的に感じられる展開もあるものの、新しいオープンワールドゲームの見せかたとして○。

週刊ファミ通1513号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

スーパーヒーローが悪者をやっつけるというベタな話ですが、『セインツロウ』シリーズの開発スタジオが手掛けているだけあって、豪快かつユニークなアクションゲームに仕上がっています。プレイアブルキャラがどれも個性的で、物語を進めて仲間を増やしていくのに夢中に。ステージがバラエティーに富んでいる反面、ミッションの内容はやや変化に乏しく、進行がちょっと作業的に感じられるのが残念。

週刊ファミ通1513号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

個性の異なるキャラを切り換えながら、それぞれが持つアビリティを駆使して戦うのがおもしろい。3段ジャンプと空中ダッシュによる機動性の高さや、“MAYHEMアビリティ”の派手な演出もグッド。使えるエージェントがどんどん増えていくのも、ワクワク感があります。バトル自体は楽しいのだけれど、ミッション内容が似たようなことのくり返しに感じられるときも。もう少し、変化やメリハリがあれば。

週刊ファミ通1513号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
7

強烈な個性とド派手な必殺技を持つ、アメコミを思わせるエージェントたちを切り換えながら暴れ回るのは痛快。エフェクトや爆発により、動きが少しカクカクすることがあるかな。スキルや能力の項目が多岐にわたり、メニューでの管理がややわずらわしい。ミッションの内容は、ひたすら戦うものが多く、街や潜入先が似た景色が続くのもあって、作業的に感じることも。仲間が集結していく展開はいいね。

週刊ファミ通1513号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
悪の組織“LEGION”の野望を打ち砕くため、特殊能力を持った12人のエージェントたちが敵に立ち向かう。一発逆転を可能にする超必殺技など、ド派手なアクションが魅力。
発売日
2017年12月07日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

エージェンツ オブ メイヘムに関連

すべて見る

エージェンツ オブ メイヘムに関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画