クロスレビュー

平均

7.0

ユーザー

スコア

;">
-
1989年にセガ・マスターシステムで海外向けに発売された、同タイトルのリメイク。ドラゴンの呪いで姿を変えられてしまった主人公が、敵がはびこるステージを冒険していく。
詳細を見る

Wonder Boy: The Dragon’s Trap(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
7

“レトロモード”と、リメイク版の“モダンモード”が用意され、それぞれを瞬時に切り換えられるのがおもしろい。とくに、“モダンモード”の凝ったアニメーション演出は目にも楽しいし、ヒントメッセージの追加により、オリジナル版より遊びやすくなっている。移植度は非常に高いが、レトロゲームならではのやや不親切なマップ構成や謎解きなどもそのまま。そこを含めて懐かしめるファンなら◎のデキ。

週刊ファミ通1481号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
7

『モンスターワールドII ドラゴンの罠』を、いま風にリメイク。グラフィックのタッチやキャラの動きにも味がある。ボタンひとつで、レトロなビジュアルとサウンドに切り換えられるのもいいね。昔の作品ながら、アクションゲームとしてよくできてはいるけれど、自キャラの、慣性が働くクセのある操作性や、ちょっとイヤらしい敵の動きなどは、よくも悪くも当時のままなので、そこは評価が分かれそう。

週刊ファミ通1481号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

シーンごとに主人公の姿が変わり、そのときどきで取れるアクションを活かして行動範囲が広がっていく構成は、いまでもおもしろく、よくできていると感じる。ヒントが少なく、進行手順を手探りで見つける作りや、敵のいやらしい動きなどにクラシックな香りが漂う。ワンボタンでいつでもレトロなビジュアルとオーディオに切り換えられるのはユニーク。価格がもうちょっと手ごろだと、なおよかった。

週刊ファミ通1481号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
7

手描きのイラスト風のグラフィックになって、奥行きや世界の広がり、冒険感が感じられます。そんな新ビジュアルと、原作のレトロなグラフィックを瞬時に切り換えられるのがすごい。リッチなアレンジ楽曲と“ピコピコ音”が選べるのもいいね。隠れたルートや宝箱を見つける楽しさがある反面、当時の骨太さを継承しているため、難度は高め。ループして行き詰まりがちなので、初心者へのフォローがあれば。

週刊ファミ通1481号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.0

ユーザー

スコア

;">
-
1989年にセガ・マスターシステムで海外向けに発売された、同タイトルのリメイク。ドラゴンの呪いで姿を変えられてしまった主人公が、敵がはびこるステージを冒険していく。
詳細を見る
  1. 1
    【エルデンリングDLC】『SHADOW OF THE ERDTREE』宮崎英高ディレクターの国内メディア独占インタビュー。過去最大規模のDLCで描かれる“影の地”の物語、その詳細が明らかに!
  2. 2
    『ボボボーボ・ボーボボ』よりボーボボ、首領パッチ、ところ天の助の香水が登場。ハジケリストたちをイメージした香りに心ひかれる
  3. 3
    『真・女神転生V Vengeance』アトラスの開発者に最速インタビュー。前作のシナリオはそのままに、“もうひとつの可能性”を形にした追加メインシナリオの意図などを訊いた【先出し週刊ファミ通】
  4. 4
    『ときメモ』30周年記念ライブが5月18日・19日に開催。藤崎詩織役の金月真美らキャストが集結。ファン必見の新“ゲーム風映像”がライブ中に登場
  5. 5
    『ハイキュー!!』烏野/音駒高校グッズが本日(2/21)しまむらで発売。「飛べ」「繋げ」横断幕タオルなど登場。オンラインストアでは15時から販売