『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』がSwitch/PS4で本日発売。レトログラフィック&サウンドでもプレイ可能で、オリジナル版パスワードにも対応

DotEmuが、Lizardcubeのアクションゲーム『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』を本日より配信する。

●グラフィックとサウンドはいつでも切替可能

 レトロゲームの移植などを専門とするフランスのインディーパブリッシャーDotEmuが、LizardCubeのアクションゲーム『ワンダーボーイ ドラゴンの罠』を本日より配信する。プラットフォームはSwitchおよびプレイステーション4で、価格は2200円。なおLizardCubeによると、6月に配信予定のPC版でも日本語対応を予定しているとのこと。

 本作はウエストンが開発し、セガから発売された『モンスターワールドII ドラゴンの罠』のリメイク版。モンスターワールドシリーズの1作で、前作(『ワンダーボーイ モンスターランド』)で倒したドラゴンの呪いによって獣人に変えられてしまった少年の冒険を描く。火を吐けるリザードマンに始まり、マウス、ピラニア、ライオン、ホークといった能力の異なる獣人に姿を変えられながら、呪いを解くために奮闘するのだ。

 というわけでゲームシステムなどはオリジナル版を踏襲。リメイク版として滑らかで活き活きとした手描きアニメーションのグラフィックやクラシック調のサウンドを搭載しつつも、ワンボタンでいつでもオリジナル版グラフィック&サウンドに切り替えられる。さらに性別が選択可能になっていて、女の子を選ぶとタイトル画面も“ワンダーガール”になるという小ネタ付き。

 そしてオリジナル版のパスワードにも対応しており、“WE5T 0NE 0000 000”や“M0DE F0R 0000 000”といったチートパスワードも通ることを確認。当時のパスワードをお持ちの人は、続きを本作でプレイしてみるのもいいんじゃないだろうか。

▲HDグラフィックモードでは、生き生きとした滑らかなアニメーションで冒険を楽しめる。逆光な感じの光源処理などのエフェクトも。

▲レトログラフィックモードでは、疑似スキャンライン(ブラウン管テレビの走査線)エフェクトなどもオン・オフ可能。

▲いつでもグラフィックとサウンドを切替可能。病院のお姉さんもこの通り。

▲プレイキャラの性別で女の子を選んだ場合はタイトル画面も『ワンダーガール』になる。