クロスレビュー

平均

7.5
仲間とパーティーを組んで邪竜に挑む、スマホで人気のゲームを移植。種族やジョブを考慮して編成を行い、3チームで最大12人のパーティーを切り換えながら戦っていく。
詳細を見る

ドラゴンシンカー(3DS)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
8

味のあるドット絵、懐かしさを感じさせる音楽などから、よくあるレトロ風のRPGの印象を受けるが、本作ならではのオリジナル要素がしっかりとある。なかでも、3つのチーム(パーティー)を切り換えながら、最大12人で戦えるバトルと、種族や職業ごとの特徴がはっきりしている点がよかった。従者のジョブレベルを最大にして転職すると、“皆伝書”がもらえるシステムも、やり込み要素となっている。

週刊ファミ通1472号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
7

ドット絵のグラフィックが懐かしい雰囲気で、いい味を出しているものの、スタイルのレトロさゆえか、各種演出も全体的に簡素で、ちょっと寂しい印象。パーティーの編成のシステムが特徴的で、リーダーと従者によるメンバーで構成され、チームを切り換えながら戦えるところがおもしろい。さまざまなジョブのキャラを仲間に加えていくのも楽しみとなり、テンポよくストーリーが進んでいくのもいい。

週刊ファミ通1472号より

戸塚伎一
ファミ通公式 3DS
7

戦闘パートは、大まかな作戦を指定してのオート進行や、複数のパーティーを切り換えるシステムなど、思いのほかこだわり甲斐あり。難所に挑む際の経験値稼ぎや、ジョブのレベル上げなどのやり込みプレイも、楽しくこなしていけます。スーパーファミコン以前のハードを意識した外装面(とくにサウンド)は、おっさんゲーマー的にグッときますが、登場キャラや物語の印象は、よくも悪くも薄めです。

週刊ファミ通1472号より

くしだナム子
ファミ通公式 3DS
8

通勤の合間などに、ちょこちょこ進めていく遊びかたにフィットしたシステムが快適。大勢のキャラを仲間にできるうえ、パーティーの切り換えで全員を活躍させられるのがうれしいです。各パーティーのリーダー以外の装備は、レベルに応じてパワーアップして、新たに買う必要がないのが地味に便利。強いオリジナリティーこそ感じられませんが、小さなアイデアがいろいろと散りばめられています。

週刊ファミ通1472号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5
仲間とパーティーを組んで邪竜に挑む、スマホで人気のゲームを移植。種族やジョブを考慮して編成を行い、3チームで最大12人のパーティーを切り換えながら戦っていく。
詳細を見る
  1. 1
    ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい
  2. 2
    ゲームボーイライトが発売された日。GB最後のモノクロ画面モデルはバックライト付き。電池が長持ちするのがうれしかった【今日は何の日?】
  3. 3
    【今週発売のおすすめタイトル】『ビックリマン』スマホ向けRPGが4/19リリース。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版や『UFOロボ グレンダイザー』なども登場【4/15~4/21】
  4. 4
    加隈亜衣、阿座上洋平が出演の短編ADV『つばめの世代』制作クラウドファンディングが5月1日より開始。アンドロイドの少女と人間による笑いと感動の物語
  5. 5
    『ソフィーのアトリエ』着替えを見られて涙目で怒るソフィーのフィギュアが登場。エビテン限定特典は描き下ろしイラスト使用のアクリルコースタースタンド