クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
2016年にPCで発売されたタイトルを移植。ひょんなことから鬼と呼ばれる存在“上樹の一族”になってしまった主人公が、前世からの因縁で、罪と深い愛に翻弄されていく。
発売日
2017年06月29日
価格
6900円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
dramatic create
詳細を見る

罪喰い 〜千の呪い、千の祈り〜 for V(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
7

転生による、前世と現世を舞台とした和風伝奇もので、各キャラのルートを通じて明かされる謎が、本作のポイント。演出がちょっと凝っていて、背景が意外とよく動くのがよかった。PCからの移植に際しての、新シナリオや攻略キャラの追加もうれしい。ただ、それでも、全体的なボリュームはやや少なめといった印象。メインとサブのルートによって、シナリオの量の差が大きい点も、少し気になりました。

週刊ファミ通1490号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

前世や転生という要素を扱った、1000年前から続く物語はロマンを感じるし、ドラマチック。個別ルートにちょっと差があるのは気になるかもしれないが、少しずつ謎が明かされる構成は興味をそそられる。グラフィックに動きのあるシーンがあるのはグッドで、移植に際してルートや後日談が追加されているのもうれしい。前後の選択肢へのジャンプなど、快適なプレイのための機能も十分に揃っている。

週刊ファミ通1490号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
9

シナリオの文章に独特の重さと艶があり、和のシリアスな世界の表現がすばらしい。1周目は、伏線の多さから唐突に感じる部分はあるものの、いろいろ察した2周目以降は没入。キャラクターたちの特殊な出自や、1000年も前から己を律して主人公を想う愛の深さ、そして、彼らを知るほどに垣間見える心のもろさに、胸を締めつけられました。だからこそ、甘さも格別。主人公の性格は好みが分かれそう。

週刊ファミ通1490号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

前世からの呪いなど、設定が込み入っていて、最初は戸惑ったけど、いつの間にか物語にのめり込んでしまった。ダークでシリアスな部分もあるが、主人公の前向きな性格に、どこかホッとさせられました。恋に落ちる過程の描写も丁寧で、甘い展開もあるのがうれしい。過去の謎が、ルートをクリアーするにつれて明らかになる仕掛けもいいね。一部のスチルにはアニメーションもついて、盛り上がります。

週刊ファミ通1490号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
2016年にPCで発売されたタイトルを移植。ひょんなことから鬼と呼ばれる存在“上樹の一族”になってしまった主人公が、前世からの因縁で、罪と深い愛に翻弄されていく。
発売日
2017年06月29日
価格
6900円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
dramatic create
詳細を見る

罪喰い 〜千の呪い、千の祈り〜 for Vに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    【コスプレ】『ガンダムSEED FREEDOM』『NIKKE』『ダンジョン飯』『FF9』『シスプリ』まで! ワンフェス2024[冬]コスプレイヤー30選
  3. 3
    『モンハン』『バイオRE4』『スト2』などカプコン作品のTシャツがユニクロで3/25発売。これを記念しブラウザゲーム『UT ADVENTURE』公開
  4. 4
    最大6人で遊べるハクスラRPG『ストーレンレルム』が3月8日に発売。300以上のスキルを組み合わせてキャラクターを作り、ランダム生成ダンジョンに挑む
  5. 5
    『ワンピース』一番くじが本日(2/23)発売。【ルフィから弾き飛ばした痛みと疲労】のルームライトが“D賞”の景品として登場