『スシ/テンプラ』に続く新バージョン。最大4人まで参加できる、マルチプレイアクションの新モード“妖怪ウォッチバスターズT(トレジャー)”を搭載。本作限定の要素も用意。
発売日
2016年12月15日
価格
4800円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
レベルファイブ
詳細を見る

妖怪ウォッチ3 スキヤキのレビュー・評価・感想

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
10

『スシ/テンプラ』がベースだが、本作ならではの新要素も盛りだくさん。なかでも、最大4人マルチプレイが可能な新モード“妖怪ウォッチバスターズT(トレジャー)”は、アップデートで『スシ/テンプラ』でも遊べるようになる仕組みがすばらしい。映画と連動した物語は、劇画調のグラフィックがインパクト大で笑えます。ほかにもいろいろな遊びが豊富に用意されていて、これぞまさに“遊びの宝箱”!

週刊ファミ通1463号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
9

映画と連動したクエストが楽しめるのがいいし、みんなの顔が劇画調になって、さらに声まで変わるところは笑えます。かわいい“コアラニャン”が仲間になるのもうれしく、『スキヤキ』限定の妖怪の登場は魅力のひとつ。“妖怪ウォッチバスターズT(トレジャー)”の追加により、マルチプレイ対応のアクションで遊びの幅が広がるのもいい。ベースは『スシ/テンプラ』なので、未体験の人にはうってつけです。

週刊ファミ通1463号より

戸塚伎一
ファミ通公式 3DS
9

寄り道、コレクション、オカルト要素が満載で、RPGとしての遊び応えは折り紙つき。シリーズの各作品とのデータ連動でレアな妖怪が登場するなど、少年少女の収集欲をさらに刺激する仕掛けが充実です。今冬公開の映画にリンクした、オフザケなストーリーもタイムリー。『スシ/テンプラ』ともマッチングする“妖怪ウォッチバスターズT(トレジャー)”で強力な新妖怪を見せつけられるのもお得感あり。

週刊ファミ通1463号より

くしだナム子
ファミ通公式 3DS
9

シリーズ初プレイでの評価。主人公と舞台を適宜切り換えていく進行がユニークで、やることがコロコロ変わる構成も手伝い、飽きが来ません。それぞれ異なる編成を組み、いろいろな妖怪を活躍させられるのがうれしい。イナホの、ちょっぴりヘンなヒロイン像も好感。位置取り次第で勝利が見えるボス戦の仕様が見事で、アクション性の高い一部のミニゲームにも、同様の救済策があればベストでした。

週刊ファミ通1463号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

『スシ/テンプラ』に続く新バージョン。最大4人まで参加できる、マルチプレイアクションの新モード“妖怪ウォッチバスターズT(トレジャー)”を搭載。本作限定の要素も用意。
発売日
2016年12月15日
価格
4800円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
レベルファイブ
詳細を見る

妖怪ウォッチ3 スキヤキに関連

すべて見る

妖怪ウォッチ3 スキヤキに関連

すべて見る
  1. 1
    『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』竜司、杏、祐介の“新たな”ペルソナが判明! 新スポット“吉祥寺”や3学期に関する新情報も!【先出し週刊ファミ通】
  2. 2
    『ファイアーエムブレム 風花雪月』情報総まとめの発売直前特集! ひと足先にプレイしたライターのレビューも掲載【先出し週刊ファミ通】
  3. 3
    ディズニー・ファストパスをスマホで取得できるサービスが7月23日よりスタート! 発券機に行かなくても簡単な操作で取得可能
  4. 4
    【FGO】本日7/17のメンテ内容まとめ。初のイベント開放権実装、サバフェス開催、新機能追加など盛りだくさん!
  5. 5
    『たべごろ!スーパーモンキーボール』がSwitch/PS4で10月31日発売。Wii『ウキウキパーティー大集合』リメイク作でSteam版も。名越氏が語る本作の魅力とは?【先出し週刊ファミ通】
特設・企画