クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
大社長を目指し、日本全国の物件を買い集めてお金を貯め、決算に臨む、おなじみのボードゲームの最新作。流行を取り入れたイベントカードや、復興がテーマのイベントも。
発売日
2016年12月22日
価格
4980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
ボードゲーム
メーカー
任天堂
詳細を見る

桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
8

何はともあれ、こうやって年末に新作の『桃鉄』が楽しめるというのは、ファンにとってはうれしい限り。おなじみの“増資システム”がなくて、キャラのイラストもリニューアルされていたりもするものの、『桃鉄』の根本的な魅力や楽しさは変わらない印象。ソフト1本あれば、ローカルプレイで4人まで“3年決戦!”が楽しめる施策もありがたい。たまに、読み込みでテンポが崩れるのは、少し気になったけど。

週刊ファミ通1463号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
8

“キングボンビー”などのデザインが一新されたことにより、長年のシリーズのファンは、最初こそ少し違和感を覚えるかもしれないが、新鮮な気持ちでプレイできるとも言える。ゲーム内容自体は、いつもの“おもしろい『” 桃鉄』なので心配は無用だし、“震災復興イベント”や新名産怪獣といった、本作ならではのアレンジも○。ローカル対戦時に、設定したブーイングをLRボタンで呼び出せるのもいいですね。

週刊ファミ通1463号より

戸塚伎一
ファミ通公式 3DS
7

サイコロ運と、おじゃま系カードを使う(または使われる)ちょっとしたタイミングで、ヘヴン状態と地獄気分を行き来できるゲーム性は、まさに『桃鉄』。ゲストキャラが登場するイベントの種類が多く、くり返し遊ぶうえでのモチベーションにもなります。“キングボンビー”関連の演出がクドいなど、トータルのゲームテンポはもうひとつですが、時間を気にせずローカル対戦で遊ぶぶんには、問題ない範囲です。

週刊ファミ通1463号より

くしだナム子
ファミ通公式 3DS
8

シリーズ過去作で完成された根幹はそのままに、時代や世相を反映した味つけがさすが。3DSを持ち寄ってのマルチプレイは、その準備に若干のハードルの高さを感じましたが、ひとつの画面をみんなで見ながらワイワイ遊ぶ据え置き機版と、ほぼ同様の感覚で盛り上がることができます。ひとりプレイにも夢中になれ、全国の物件を買い占めることを目標に、ゲーム内時間で100年間延々と遊べるほど。

週刊ファミ通1463号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
大社長を目指し、日本全国の物件を買い集めてお金を貯め、決算に臨む、おなじみのボードゲームの最新作。流行を取り入れたイベントカードや、復興がテーマのイベントも。
発売日
2016年12月22日
価格
4980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
ボードゲーム
メーカー
任天堂
詳細を見る

桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!に関連

すべて見る

桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!に関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    アニメイトで『ゆるキャン△』&『mono』の漫画を買うと特製ブロマイドがもらえる血液センターコラボ応援フェアが開催!