クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
プレイヤーの操作に反応して変化する棒グラフや折れ線など、仕掛けに富んだ図表が配置されるステージを進んでいく、横スクロールアクション。6つのワールドを収録。
発売日
2016年08月24日
価格
1295円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
アクション
メーカー
Digital Dreams
関連サイト
http://metrico-game.com/
詳細を見る

Metrico+(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

棒グラフや折れ線などの図柄で構成された、インフォグラフィックの世界が独特で、本作ならではのオリジナリティーを醸し出している。操作キャラを動かしたりジャンプさせることで、地形が変化し、その法則性を見つけ出して先へ進んでいく内容は、そのグラフィックと相まって、アクションパズルとしては革新的。一部にわかりにくい仕掛けもあるが、試行錯誤して突破する楽しさはなかなかのもの。

週刊ファミ通1449号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
7

フィールドや障害物がグラフのような構造をしている、独特なグラフィックが新鮮。オブジェクトそれぞれがプレイヤーの動きに対する法則を持っており、それらを自分自身の動きでコントロールして先に進んでいくという流れ。難解なオブジェクト配置の法則を理解し、乗り越えるのは非常に気持ちいい。ただ、ヒント的なものがまったくなく、そうした部分にストレスを感じるプレイヤーもいそう。

週刊ファミ通1449号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

各オブジェクトが、どういった操作に反応してどう動くのか、その法則性を見つけ出すのがおもしろい、斬新なパズル。ひとつがうまくいっても別なところがダメ、というジレンマを解消する方法を模索するのは、悩み甲斐があって楽しめる。“スピードラン・モード”は、効率よく動いてタイムを縮めるのがやり応えがあるが、リスタート時に最初のメニュー画面に戻る必要があり、ロードが挟まれるのが難点。

週刊ファミ通1449号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
7

グラフのようなビジュアル、抽象的な背景とのリンク、シンプルなUIなど、各種表現がとても印象的かつ独創的。主人公のジャンプに応じてグラフの棒が低くなるなど、実世界には存在しない法則を探り当てて進むのがおもしろい。謎がある程度予測できる範囲内に留められているのも○。記憶に残る作品であることは間違いないですが、ゲームとしての楽しさがもう少し感じられれば、さらによかった。

週刊ファミ通1449号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
プレイヤーの操作に反応して変化する棒グラフや折れ線など、仕掛けに富んだ図表が配置されるステージを進んでいく、横スクロールアクション。6つのワールドを収録。
発売日
2016年08月24日
価格
1295円 [税抜]
対応機種
PS4
ジャンル
アクション
メーカー
Digital Dreams
関連サイト
http://metrico-game.com/
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も