クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
生命ある監獄“ジェイル”に収監された少年ジャックが、“血式少女隊”と呼ばれる組織とともに、脱獄を目指す。戦いで流した血によって、少女たちのスキルや戦況が変化する。
発売日
2016年10月13日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
RPG
メーカー
コンパイルハート
詳細を見る

神獄塔 メアリスケルター(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

ダンジョン探索型のRPGをベースに、独自の設定を多数採り入れた意欲作。生きている監獄を始め、戦闘で飛び散った血がもたらすさまざまな影響、ヒロインが覚醒する2種類のモードなどは、ゲーム性とうまくマッチしています。ナイトメアに追い掛けられる“虐殺鬼ごっこモード”も刺激的。ホラー寄りの味つけだけど、ヒロインを浄化するエッチなシーンがあるところがコンパイルハート作品っぽいね。

週刊ファミ通1453号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

ダンジョンで“虐殺鬼ごっこモード”に突入すると、強敵のナイトメアにリアルタイムで追い掛けられるのは、探索に緊張感が生まれていい。戦闘で発生する“血しぶき”を、一時的にパワーアップできる“ジェノサイドモード”に活用するか、“舐める”ことで回復に利用するかといった戦略性があるなど、ユニークなシステムがうまく効いている。かわいいキャラと“穢れ”を浄化する際のサービスショットもナイス。

週刊ファミ通1453号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
8

数々のおとぎ話が引用されたダークファンタジー世界が魅力的。背景や敵キャラのアニメーション表現も丁寧で、独特のムードに浸れます。ダンジョン探索ゲームとしては、アクション操作が頻繁に要求されるなど、バラエティー性豊かな構成。その一方で、オート移動などのフォロー機能が充実していて、遊びやすさも十分です。ヒロインたちの露出表現の過激さは、ほかの要素からやや浮いている印象。

週刊ファミ通1453号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

童話の姫の名を持つ少女たちが、グロテスクな世界でたくましく戦う構図に興味をそそられます。血しぶきや生ける監獄など、ユニークな設定を活かしたアイデアは、山盛りすぎて消化不良の面もありますが、独自性がキラリ。オートバトル中も、キャラの穢れに気を配る必要があり、適度な緊張感で終始退屈しません。全体的に親切設計ですが、数秒で全滅しかねない罠に、序盤からつまずく人もいそう。

週刊ファミ通1453号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
生命ある監獄“ジェイル”に収監された少年ジャックが、“血式少女隊”と呼ばれる組織とともに、脱獄を目指す。戦いで流した血によって、少女たちのスキルや戦況が変化する。
発売日
2016年10月13日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
RPG
メーカー
コンパイルハート
詳細を見る

神獄塔 メアリスケルターに関連

すべて見る

神獄塔 メアリスケルターに関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】