クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
ラスボスの魔王を目の前にして、いっさいの記憶を失った勇者。冒険の思い出を何度も追体験し、旅立ちの日や仲間のこと、必殺技など大事な要素を呼び起こして戦いに挑む。
発売日
2016年07月28日
価格
3980円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー / RPG
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る

世界一長い5分間(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
8

スマホ向けに一風変わった作品をリリースしているSYUPRO-DXが関わっているだけあり、本作も独創的な仕上がり。突然の魔王戦、戦いの中で記憶を取り戻していく記憶喪失の主人公、過去の思い出が美化されて蘇る“思い出補正レベル”など、ユニークなアイデアをうまくゲームに落とし込んでいる。ドット絵は味があるし、RPGでありがちなシチュエーションが多く登場するのにもニヤリとさせられました。

週刊ファミ通1442号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

魔王との決戦の最中に、過去を部分的に追体験していき、少しずつ思い出を取り戻していく作りがおもしろい。ゲームスタイルはレトロでありながら、ストーリーをドラマチックにする見せかたも素敵。RPGとしてはシンプルかつコンパクトにまとめられている感もあるが、魔王戦はアドベンチャー形式になっていて、熱い展開には興味を惹きつけられるし、プレイを進めて先を見るのが楽しみになります。

週刊ファミ通1442号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
8

通常のRPGだとつい流しがちになる展開も、ステージ形式で断片的にプレイすることで、新鮮な気持ちで集中して遊べるのに驚かされました! 登場人物たちのセリフのおもしろさも、RPGの定番を押さえていてこその面が強く、パッと見の印象に反して、なかなかの“玄人志向”の作品です。ミニゲームのスコアが、思い出美化の足し(=経験値)になるなど、細かい部分において気が利いている作りも好印象。

週刊ファミ通1442号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
9

飛び抜けてユニークな企画に、RPGでおなじみのシステムで構築された中身がともなっています。機知に富んだ会話や表情豊かなドット絵など、誰をも楽しませる表現が○。記憶喪失という設定が、なんでもない出来事さえ特別な思い出に変え、胸に迫ります。持ち物をつぎの章に引き継げないこともあり、戦闘はオートで済ませたい場面も多く、より賢いAIや、カーソル位置の記憶などが欲しかったところ。

週刊ファミ通1442号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
ラスボスの魔王を目の前にして、いっさいの記憶を失った勇者。冒険の思い出を何度も追体験し、旅立ちの日や仲間のこと、必殺技など大事な要素を呼び起こして戦いに挑む。
発売日
2016年07月28日
価格
3980円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー / RPG
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る

世界一長い5分間に関連

すべて見る

世界一長い5分間に関連

すべて見る
  1. 1
    【今週発売のおすすめタイトル】PS5『FF7 リバース』がついに2/29発売。『ゴブリンスレイヤー』のRPGやSRPG『BAR ステラアビス』もリリース【2/26~3/3】
  2. 2
    『龍が如く3』15周年。新たに沖縄が舞台として追加。極道である桐生の堅気としての姿も描かれるようになったシリーズ転機の作品【今日は何の日?】
  3. 3
    『星のカービィ』ハッピーセット第1弾、ほぼ全店で販売終了。「予想を大幅に上回る売れ行き」
  4. 4
    『真・女神転生V Vengeance』アトラスの開発者に最速インタビュー。前作のシナリオはそのままに、“もうひとつの可能性”を形にした追加メインシナリオの意図などを訊いた【先出し週刊ファミ通】
  5. 5
    危険地帯ドライビングサバイバル『Pacific Drive』PS5/PCで発売。愛車をカスタマイズし、超常現象が発生する隔離ゾーンを調査