クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
背中に呪いの茨を宿す少女ロゼと、“丸くて大きくてぐるぐるした”謎の巨人が、それぞれが持つ能力を使い、さまざまなギミックが仕掛けられた不気味な古城からの脱出を図る。
発売日
2016年04月26日
価格
3980円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アクション
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る

ロゼと黄昏の古城(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
7

『htoL#NiQ -ホタルノニッキ-』と同様に、ディレクターの古谷優幸氏による独特の世界観が特徴的な作品。かわいいキャラ+残虐な表現というテイストも健在。モノトーンを主体とした不気味な世界を探索する内容は、『LINBO』を彷彿させる、雰囲気ゲーとしての魅力がある。少女と巨人が力を合わせて道を切り拓く展開や、血を吸ったり、分け与えたりして時を動かすギミックに独創性を感じました。

週刊ファミ通1429号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

さまざまな物の色と時間を奪うことで、対象を空中に停止させるなど、ちょっと変わったギミックがおもしろい。謎解きは、やれること自体はさほど多くないが、けっこう悩まされる、歯応えのあるバランス。詰まった際にノーヒントなのが少々きびしめかな。キャラはかわいらしいが、残酷な描写のある独特な世界観は好みが分かれそう。マップ画面から各エリアに瞬時に移動可能で、探索はスムーズ。

週刊ファミ通1429号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
8

無残な”死”から、何ごともなかったかのように復活するゲームプレイの流れさえも耽美的に取り込んだ物語世界は、まさにゴス系。ふたりのキャラを切り換えながら難所を突破していくパズル要素は、変更のタイミングなど、リアルタイム操作が思いのほか重要です。方向転換時の挙動など、操作面で細かい不満があるものの、本作はそういうものと納得させられる、ムード作りの巧みさが上回っています。

週刊ファミ通1429号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

独特な雰囲気が突出しています。生気のないセピア色の世界を鮮血で制御するなど、その表現は感覚に訴えてくるものが。謎めいた世界には、どことなく愛も感じられます。一方で、アクション要素もパズル要素も難しく、初見では避けられない罠が多い展開は、自由度の低さや操作性と相まってストレスに。低めの価格帯ながら、若干割高な感も。一度は見ておきたい個性を放っているだけに、惜しい。

週刊ファミ通1429号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
背中に呪いの茨を宿す少女ロゼと、“丸くて大きくてぐるぐるした”謎の巨人が、それぞれが持つ能力を使い、さまざまなギミックが仕掛けられた不気味な古城からの脱出を図る。
発売日
2016年04月26日
価格
3980円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アクション
メーカー
日本一ソフトウェア
詳細を見る

ロゼと黄昏の古城に関連

すべて見る

ロゼと黄昏の古城に関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    『デス・ストランディング』を特集したNHK番組“ゲームゲノム”拡張版が1月24日0時35分より放送。本田翼、星野源、小島秀夫監督の未公開トークに注目
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    『炎姫(ほむらひめ)』がSteamにて2023年リリース決定。台湾のインディーゲームデベロッパーが手掛けるアニメ調の3Dアクション