クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
魔物にかけられた呪いの謎を解くため、5つのダンジョンを冒険。自由度の高い育成システムや、プレイヤーの行動によって変化するマルチエンディングを採用している。
発売日
2016年03月23日
価格
925円 [税抜]
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ピッキー
詳細を見る

エリエット クエスト(Wii U)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii U
7

『パルテナの鏡』や『リンクの冒険』など、ファミコンのディスクシステムの時代を彷彿させるテイストの作品。第一印象こそややチープに感じたが、遊び始めると、昔ながらのアクションゲームとしてよくできており、冒険が楽しくなってくる。敵を連続して倒すとアイテムを落としやすくなる“チェインシステム”や、各ボスとのアツいバトルも○。個人的には、もう少しだけ細かいドット絵のほうが好みです。

週刊ファミ通1427号より

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii U
8

レトロゲームをオマージュしたアクションが小気味いい。チェーンアタックを駆使したり、敵の弱点を突くなど、プレイしていて、自分がうまくなっていくのが実感できるのがいいね。レベルアップやスキルの振りかたで、いろいろな成長パターンが楽しめるのもありがたい。細かい部分で気になる点がないわけではないけど、アクションゲームとしてのまとまりはしっかりしているという印象です。

週刊ファミ通1427号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Wii U
7

日本語のフォントが粗くて読みづらいが、ドット絵のグラフィックは味がある。敵の倒しかたやギミックの解法で、ちょっと頭を使う必要があるなど、意外と歯応えのあるバランスは、クラシックゲームを彷彿させる。ヒントが少なく、つぎに何をすればいいかわかりにくいこともあるが、手探りで答えを見つけていくのが好きな人なら、そこを含めて楽しめそう。断片的に見えてくる物語も先が気になる。

週刊ファミ通1427号より

くしだナム子
ファミ通公式 Wii U
8

ステージ構成から音楽まで、懐かしいテイストでうまくまとまっています。謎解きや隠しエリアの発見が楽しい。ドット絵の雰囲気と、哲学的な物語とのギャップにも趣があります。システム面も、現代風に仕上げるのを避けたようで、不親切さが目立つものの、理不尽には感じません。それでも、ハードの機能を活かした要素は欲しかった。試しに購入するにはちょっと躊躇する価格設定ももったいないかな。

週刊ファミ通1427号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
魔物にかけられた呪いの謎を解くため、5つのダンジョンを冒険。自由度の高い育成システムや、プレイヤーの行動によって変化するマルチエンディングを採用している。
発売日
2016年03月23日
価格
925円 [税抜]
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ピッキー
詳細を見る

エリエット クエストに関連

すべて見る
  1. 1
    『ドラゴンクエスト』堀井雄二氏が“グリコのおもちゃ”を制作! ゲームにも活きるオマケ的発想の根源と『DQ』最新情報に迫る
  2. 2
    『ウマ娘』ローソンコラボキャンペーンが12月13日より開催。キタサンブラック、サトノダイヤモンドたちの限定クリアファイルがもらえる!
  3. 3
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    『ガンダム 水星の魔女』12月18日の放送は休止。第1クール最終回となる12話までの放送スケジュールを公開
  5. 5
    『ワールドトリガー』天羽月彦が適合した黒トリガーの情報などが公開。天羽が玄界人(三門市民)ということも公式TwitterのQ&Aで明かされる
特設・企画