信長の野望・創造 戦国立志伝(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

武将の立場の違いで、プレイヤーごとに楽しみかたが変化する、幅の広い作り。自分だけの領地開発が味わえる内政システムも、箱庭感覚で楽しめる。インターフェースは使いやすく、手触りもいいが、全体的にやや説明不足の部分もあり、迷う場面も。チュートリアルはあるが、それでもユーザーの誘導には、まだまだ不親切さを感じた。その高い敷居を越えれば、臨場感溢れる高度な戦略が堪能できる。

週刊ファミ通1424号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
9

『創造』や『創造PK』よりも、身分ごとにできることが分類化されているので、かなり遊びやすくなっている。領主での町づくりも楽しい。プレイできる最低ラインが領主からなので、よくも悪くも街作りに勤しむ時間がプレイの大半を占めることに。そこを楽しめるのであれば、かなり魅力的かなと。攻城戦や海戦はなかなか迫力があるし、城を落としたり守ったりしている実感が味わえていいですな。

週刊ファミ通1424号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

従来の大名としてだけではなく、さまざまな立場で戦国時代を生きる体験が可能となり、楽しみかたの幅が広がったのがグッド。領地プレイの際は、“治水”や“往来”などの値を見ながら施設を建設し、領地を発展させていくのが楽しく、夢中になれる。城内を進む攻城戦など、合戦のリアリティーが増しているのもいい。操作がいろいろなボタンに割り振られているため、スムーズに進行するには慣れが必要かな。

週刊ファミ通1424号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
9

“武将プレイ”は出世したり、他家に移ったりと、よりドラマチックな人生を味わえておもしろい。内政は、目に見えて領地が発展するのが楽しいね。合戦では攻城戦が熱い。武将で出陣すると勢いを感じられるし、いかに門を破るか、どの戦術を使うかなどを考えるおもしろさがある。欲を言えば、大坂城以外にも、細かく再現されたお城が増えるといいな。PS Vita版は、地図上でのタッチ操作が何気に便利。

週刊ファミ通1424号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

信長の野望・創造 戦国立志伝に関連

すべて見る

信長の野望・創造 戦国立志伝に関連

すべて見る
  1. 1
    【エルデンリングDLC】『SHADOW OF THE ERDTREE』宮崎英高ディレクターの国内メディア独占インタビュー。過去最大規模のDLCで描かれる“影の地”の物語、その詳細が明らかに!
  2. 2
    『真・女神転生V Vengeance』アトラスの開発者に最速インタビュー。前作のシナリオはそのままに、“もうひとつの可能性”を形にした追加メインシナリオの意図などを訊いた【先出し週刊ファミ通】
  3. 3
    『ハイキュー!!』烏野/音駒高校グッズが本日(2/21)しまむらで発売。「飛べ」「繋げ」横断幕タオルなど登場。オンラインストアでは15時から販売
  4. 4
    『パワプロ2024-2025』発売決定! 2年ぶりの『パワプロ』新作、栄冠・パワフェスもちろん搭載! サクセスは未来編!? 大谷も出る【Nintendo Direct】
  5. 5
    【メガテン】『真・女神転生5 Vengeance』6月21日発売。虐げられた者たちの復讐譚となる新ストーリー追加、物語中盤以降に大きく分岐【Nintendo Direct】