クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
『黄昏』シリーズ3作目がさらにパワーアップ。“黄昏”の真実に迫る、多数の新エピソードを始め、過去作の主人公の登場、新規コスチュームなど、追加要素が盛りだくさん。
詳細を見る

シャリーのアトリエ Plus 〜黄昏の海の錬金術士〜(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS Vita
9

PS3版がベースだが、追加要素が盛りだくさんで、まさに『黄昏』シリーズの完結編といった内容。アーシャやロジーといった、シリーズ過去作の主人公の登場はうれしいポイントだし、未解明だった“黄昏”の真実が明かされる追加エピソードもいい。錬金術の楽しさと、作り出したアイテムを駆使して戦うバトルのおもしろさは相変わらず。ライフタスクが浮かび上がるおかげで、目標が明確なのも親切です。

週刊ファミ通1421号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

“黄昏”について残されていた謎に迫るエピソードが見られるうえに、『黄昏』シリーズ3作の主人公が全員揃うのもうれしく、完結編として満足できる構成。ふたりのシャリーのイベントも追加されて、物語が自然な流れに感じられるようになっているのもいい。日数の制限の廃止については、マイペースで進められる利点と、スケジュールをやりくりする楽しみが失われたことの両面があり、一長一短かな。

週刊ファミ通1421号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS Vita
8

『黄昏』シリーズならではの、退廃的な美をたたえるフィールドグラフィックの鮮やかさは、このPSVita版でも健在。フレームレートがやや低めで、キャラの動きのぎこちなさが少々気になりますが、場面転換時のデータ読み込み速度は快適で、テンポよくプレイできます。シリーズファン向けのサービスやフォロー要素が満載で、PS3版の経験者は、シーンの違いや追加エピソードの多さに驚くことでしょう。

週刊ファミ通1421号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS Vita
8

シリーズとして安定の完成度で、やや新鮮味に欠けるものの、むしろファンの期待に応える仕上がりかと。採取や調合のワクワク感と、作ったアイテムを活用する場としての戦闘という骨格がしっかりしています。やわらかなグラフィックが醸し出す独特のムードも健在。主人公によっては、“黄昏”への危機感や錬金術士としての使命感がやや見えにくい面もありますが、等身大の描写には好感が持てます。

週刊ファミ通1421号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
『黄昏』シリーズ3作目がさらにパワーアップ。“黄昏”の真実に迫る、多数の新エピソードを始め、過去作の主人公の登場、新規コスチュームなど、追加要素が盛りだくさん。
詳細を見る

シャリーのアトリエ Plus 〜黄昏の海の錬金術士〜に関連

すべて見る

シャリーのアトリエ Plus 〜黄昏の海の錬金術士〜に関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    【マンガ大賞2022】候補10作品が発表。『海が走るエンドロール』『【推しの子】』『ダンダダン』『ルックバック』などがノミネート!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!