クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
6.0
一定時間で変化する背景色に合わせて、足場が出たり消えたりするステージを移動し、ゴールを目指す。ヌンチャクやWiiリモコンを使い、最大で9人までの同時対戦が可能。
発売日
2015年11月25日
価格
1499円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
クロスファンクション
詳細を見る

Runbow(Wii U)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii U
8

ポップな絵柄とかわいいキャラクターが目を惹くアクション。背景の色が一定の間隔で変化していき、それに合わせて足場が変化するのがおもしろい。ひとり用のモードもあるが、本作の真骨頂はマルチプレイ。最大9人まで参加でき、ゴールを目指したり、戦ったり、陣取り合戦をくり広げたりと、ルールが多彩。パーティーゲームとして最適。ミスしたときに表示される“ひと言コメント”も笑えました。

週刊ファミ通1413号より

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii U
9

背景色とステージギミックの変化のタイミングがリンクしていて、つねに色の変化を意識しなければならない。この点がほどよい刺激となって、プレイヤーをパニックに陥れてくる。ゲーム自体はシンプルで、プレイヤーが操作する部分も限られているが、アクションの本質的なおもしろさが備わっているように感じます。ほかのプレイヤーとの対人戦なら、なおさら盛り上がれること間違いなしかと。

週刊ファミ通1413号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Wii U
8

対戦が楽しめる各モードは、とっつきやすくもハチャメチャな雰囲気がおもしろく、みんなでパッと盛り上がれる。一定時間で切り換わる背景色に、同じ色の壁や足場が溶け込むことで消えるギミックがミソで、対戦がカオスでエキサイティングなものになるのが○。ひとりで遊ぶ場合でも、シンプルながらハラハラ感のあるジャンプアクションは熱中できる。ミスしたときに表示されるひと言もユーモラス。

週刊ファミ通1413号より

くしだナム子
ファミ通公式 Wii U
8

大勢でこんなにはしゃげるゲームは久しぶり。全6モードとも、ルールや操作はシンプルで、初見の不利もなし。ステージ構成や勝利のセオリーが異なる短い試合を、何戦も連続して戦う流れがメインで、「つぎこそは勝つ!」と燃えます。人数ぶんのコントローラを用意するのはたいへんだけど、その価値はあるし、ひとりで楽しめる仕掛けも。色を使ったアイデアは独創的で、ポップなビジュアルもいい。

週刊ファミ通1413号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

しゅくりむ
Wii U 2017-08-29 23:14:48投稿
6

良かった点
やられても復帰が早い
色が被ると消えるシステム
色んなインディーズゲームのキャラが出る。ガンヴォルトやシャンティや、、、

悪かった点
一撃死が多く、わりとシビア。
システムがけっこうきつい。
キャラが多いけど性能差がない。

総評
このゲームが配信される前の多くの記事に騙されました。。
これはインディーズのスマブラだ!とあちこちで書かれてたけど、、、
まったくスマブラじゃない!!
いや、インスパイアというか、影響は受けたのかな?という部分は見えるんですが。それっぽいとこといえば、UIが似てる。多人数での乱闘要素。インディーズキャラが集合、くらい。だけど、キャラが沢山でも、攻撃はパンチ二回からのダッシュストレート、2段ジャンプ、あとは必殺技がアッパーと降下攻撃だけで全キャラ共通。これで乱闘しても、、、。

独自のシステムは色。
ステージの足場や壁などが色んな色で出来ている。背景は影絵のようなイラストに色が重なっていてその色が一定タイミングで変わる。その色が足場や壁同じになると消える。見えないものは存在しないがコンセプト。
これが結構癖が強くて悩ましい。赤い足場に乗りたいけどちぎ赤が来るからすぐ進めないな、とか、つぎ緑がくればあの足場に乗れるけどそのかわりここが消えるからタイミング見て飛ばないと、など、けっこう頭を使う。わかっててもつい焦ってミスしてしまう。
ミスると、遊んでるの。とか、今のは見てなかったよ、とか言われる。ウチのおばあちゃんでもクリアできるのに、とか。そのおばあちゃんが上手いんだ思う。。でも、たまに、次はうまくいくよ、ーって。ツンデレ?
ステージクリアした場合は、そのキャラに合わせた台詞も。シャンティなら、君から目が離せないよ、とかね。
この台詞がとにかく豊富で買っても負けてもクスリと笑える。


そしてこの色を使ったシステムで、サキュラという色を持てなかったキャラを倒すぼうけんとか、セーブ無しで怪物のお腹から脱出するモードがー人で遊ぶ場合のメイン。
他にはステージにあるトロフィーを目指すランドや、バトルのみのらんとうも。

そして最大9人で遊べるっていうのは凄い!
けど、うちには狭くて9人も集まらない!
オンラインもあるけど、9人もこれ持ってる友達がいない。。。

ソロプレイしかしてませんが、見えないものは存在しないっていうアイデアは面白い。けど、そこまでだった。
一撃死が多過ぎてしにゲー好きじゃないと難易度やシステムが邪魔をしてイライラするかも?


僅かでもスマブラを期待するとガッカリする、
だけど、多人数で遊べる思考要素もあるアクションゲームとしては面白かったかな。

クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
6.0
一定時間で変化する背景色に合わせて、足場が出たり消えたりするステージを移動し、ゴールを目指す。ヌンチャクやWiiリモコンを使い、最大で9人までの同時対戦が可能。
発売日
2015年11月25日
価格
1499円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
クロスファンクション
詳細を見る

Runbowに関連

すべて見る
  1. 1
    【ヘブバン】1周年生放送まとめ。『エンジェルビーツ』コラボイベント開催&ゆり・かなで(天使)・みゆきち実装、音ゲー“ライブモード”新登場
  2. 2
    弾幕アクションRPG『東方シンセカイ』発売決定。霊夢、魔理沙、菫子がメインキャラに。『東方紅輝心』を開発したサークル“あんかけスパ”の最新作
  3. 3
    “呼び込み君”初の公式書籍発売。アニメ『ちいかわ』最新話への登場でも話題の音声POPがポーチに。お馴染み“ポポ~ポ ポポポ♪”の音が鳴る
  4. 4
    『To LOVEる-とらぶる-』新作読切がトレンドを湧かす! 数年ぶり新作漫画にTwitterが盛り上がる【トレンドワード解説】
  5. 5
    【Amazonタイムセール祭り】ファミ通.com読者が購入した商品ランキングTOP10。1位はFire TV Stick(20%オフ)!
特設・企画