クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“禁断のグリモワール”の手掛かりとして、アクマに惑わされていく主人公の立華リツカ。ヒトかアクマか、どちらの心を選択するかによって、物語が大きく変化していく。
発売日
2016年03月24日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
リジェット
関連サイト
http://rejetweb.jp/dwd/
詳細を見る

ダンス ウィズ デビルス(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
7

好感度のほか、“アクマ度”と“ヒト度”によってシナリオが分岐し、アニメとは異なる展開や結末を見られるのはおもしろい。ストーリーは王道的な流れでわかりやすいが、予想の範疇を超える展開は、あまりないように感じた。それぞれの数値がステータスで確認できるので、迷わず遊べる作りなのは○。アニメで見られたミュージカル風の演出がなく、作品の持つ個性が薄れてしまっているところは残念。

週刊ファミ通1424号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
7

あれ? 音楽要素がOPとEDしかない! アニメでは、ミュージカルそのものはもちろん、歌詞から物語を類推して楽しめたので、その要素がないのは少し残念。物語はアニメがベースになっており、アニメを観ている方はおもしろさが半減するかな。とはいえ、エンディングは違う展開で、レムとリンド以外のキャラの物語は新たな発見も多く、楽しめました。ダミーヘッドマイクで収録された音声も多めで◎。

週刊ファミ通1424号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

原作アニメと同じタッチのイラストが新鮮。原作を観ていなくてもすんなり入れます。選択肢では、ダミーヘッドマイクで収録されたボイスがドキドキ。しかも、それなりの数があるので、たっぷり聞けます。“アクマ度”と“ヒト度”のパラメーターで展開が変化するのもいいね。お話はかなりのボリュームなので、全エンドを見たいときの、選択肢へのジャンプ機能も助かる。オマケ要素も充実でお得感あり。

週刊ファミ通1424号より

大吉よる
ファミ通公式 PS Vita
8

アクマやヴァンパイアが活躍するので、ダークファンタジー色が強い作品かと思いきや、意外にもヒーロー然としたキャラクター性やイベントが多くてカッコいいです! とくに後半は、キャラクターどうしの絆なども感じられて、いい意味で驚きました。アニメ原作でも、乙女ゲームとしてやり応えありです。ただ、アニメイラストのビジュアルは、ゲームから作品に触れる人だと、少し違和感がありそう。

週刊ファミ通1424号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“禁断のグリモワール”の手掛かりとして、アクマに惑わされていく主人公の立華リツカ。ヒトかアクマか、どちらの心を選択するかによって、物語が大きく変化していく。
発売日
2016年03月24日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
リジェット
関連サイト
http://rejetweb.jp/dwd/
詳細を見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】