クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“禁断のグリモワール”の手掛かりとして、アクマに惑わされていく主人公の立華リツカ。ヒトかアクマか、どちらの心を選択するかによって、物語が大きく変化していく。
発売日
2016年03月24日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
リジェット
関連サイト
http://rejetweb.jp/dwd/
詳細を見る

ダンス ウィズ デビルス(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
7

好感度のほか、“アクマ度”と“ヒト度”によってシナリオが分岐し、アニメとは異なる展開や結末を見られるのはおもしろい。ストーリーは王道的な流れでわかりやすいが、予想の範疇を超える展開は、あまりないように感じた。それぞれの数値がステータスで確認できるので、迷わず遊べる作りなのは○。アニメで見られたミュージカル風の演出がなく、作品の持つ個性が薄れてしまっているところは残念。

週刊ファミ通1424号より

菅谷あゆむ
ファミ通公式 PS Vita
7

あれ? 音楽要素がOPとEDしかない! アニメでは、ミュージカルそのものはもちろん、歌詞から物語を類推して楽しめたので、その要素がないのは少し残念。物語はアニメがベースになっており、アニメを観ている方はおもしろさが半減するかな。とはいえ、エンディングは違う展開で、レムとリンド以外のキャラの物語は新たな発見も多く、楽しめました。ダミーヘッドマイクで収録された音声も多めで◎。

週刊ファミ通1424号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

原作アニメと同じタッチのイラストが新鮮。原作を観ていなくてもすんなり入れます。選択肢では、ダミーヘッドマイクで収録されたボイスがドキドキ。しかも、それなりの数があるので、たっぷり聞けます。“アクマ度”と“ヒト度”のパラメーターで展開が変化するのもいいね。お話はかなりのボリュームなので、全エンドを見たいときの、選択肢へのジャンプ機能も助かる。オマケ要素も充実でお得感あり。

週刊ファミ通1424号より

大吉よる
ファミ通公式 PS Vita
8

アクマやヴァンパイアが活躍するので、ダークファンタジー色が強い作品かと思いきや、意外にもヒーロー然としたキャラクター性やイベントが多くてカッコいいです! とくに後半は、キャラクターどうしの絆なども感じられて、いい意味で驚きました。アニメ原作でも、乙女ゲームとしてやり応えありです。ただ、アニメイラストのビジュアルは、ゲームから作品に触れる人だと、少し違和感がありそう。

週刊ファミ通1424号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
“禁断のグリモワール”の手掛かりとして、アクマに惑わされていく主人公の立華リツカ。ヒトかアクマか、どちらの心を選択するかによって、物語が大きく変化していく。
発売日
2016年03月24日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
リジェット
関連サイト
http://rejetweb.jp/dwd/
詳細を見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    『真・女神転生V Vengeance』アトラスの開発者に最速インタビュー。前作のシナリオはそのままに、“もうひとつの可能性”を形にした追加メインシナリオの意図などを訊いた【先出し週刊ファミ通】
  4. 4
    『ヘブバン』初となる茅森月歌のユニゾンスタイル実装、スキル演出に月歌と和泉ユキのふたりが登場。2/22生放送まとめ【ヘブンバーンズレッド】
  5. 5
    【Amazon】PS5+ソフトセットがお得なセールが開催。『FF7 リバース』『龍が如く8』『鉄拳8』などが対象に