クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
海外で好評を博したインディーゲームのローカライズ作品。ロボットを操作して、無機質だがどこか懐かしさのある地下世界を冒険し、さまざまなギミックを解き明かしていく。
発売日
2015年10月21日
価格
999円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
パズル
メーカー
クロスファンクション
詳細を見る

Unmechanical: Extended(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

独特の雰囲気が魅力。ロボットを操作して脱出を目指すのだが、何も説明がないので、すべてがプレイヤーに委ねられる。だが、この投げっぱなしのさじ加減がすばらしく、ロボットとの一体感を高めてくれる。使うボタンがひとつだけなのも潔く、しかしながらそれを使って解くパズルの難度が、これまた絶妙。画面写真や動画を見て世界観が気に入ったのなら、価格に見合った満足度が得られると思う。

週刊ファミ通1406号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
7

アクション要素は、自機の移動とオブジェクトを持ち上げるくらいだが、障害物を避けたりパズルを解いていく過程は楽しい。文章化されたストーリーのある作品ではないが、ゲームが進むごとに展開されていく演出で、流れはなんとなくわかるし、独特の世界感も手伝って、いい雰囲気は伝わってくる。ただ、クリアーまでがやや短く、価格のわりにボリューム不足。もう少し遊ばせて欲しかった。

週刊ファミ通1406号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
7

操作するキャラは、物を持ち運ぶくらいのことしかできず、謎解きもさほど目新しいものはないが、ステージの雰囲気などを堪能しつつ、適度に頭を働かせながらながら進んでいくのは楽しめる。ヒント機能はあるけれど、何をすればいいかわかりづらい場面では“?”としか表示されないなど、もうひとつ頼りにならないかな。さっくり終わり、やり込み要素もほとんどないので、ボリュームはあまり多くない。

週刊ファミ通1406号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

リンゴのようなヘリコプター型のロボットには、ソニーのA I B OやホンダのA S I M Oに対する気持ちに似た、愛おしさや親しみが沸き起こります。移動の際の独特な浮遊感が気持ちいい。孤独で謎めいた本編と、パートナーの登場で物語性が感じられる追加シナリオ、どちらの雰囲気も◎。パズル要素がそこそこ難しくて、行き詰まることもありましたが、あちこち飛び回ってあれこれ考えるのは楽しいです。

週刊ファミ通1406号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
海外で好評を博したインディーゲームのローカライズ作品。ロボットを操作して、無機質だがどこか懐かしさのある地下世界を冒険し、さまざまなギミックを解き明かしていく。
発売日
2015年10月21日
価格
999円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
パズル
メーカー
クロスファンクション
詳細を見る
  1. 1
    『龍が如く3』15周年。新たに沖縄が舞台として追加。極道である桐生の堅気としての姿も描かれるようになったシリーズ転機の作品【今日は何の日?】
  2. 2
    【コスプレ】『ガンダムSEED FREEDOM』『NIKKE』『ダンジョン飯』『FF9』『シスプリ』まで! ワンフェス2024[冬]コスプレイヤー30選
  3. 3
    危険地帯ドライビングサバイバル『Pacific Drive』PS5/PCで発売。愛車をカスタマイズし、超常現象が発生する隔離ゾーンを調査
  4. 4
    『真・女神転生V Vengeance』アトラスの開発者に最速インタビュー。前作のシナリオはそのままに、“もうひとつの可能性”を形にした追加メインシナリオの意図などを訊いた【先出し週刊ファミ通】
  5. 5
    『鬼武者3』が20周年。金城武とジャン・レノという大物俳優のダブルキャストが超衝撃。CGムービーに山崎貴監督やドニー・イェンらも参加した【今日は何の日?】