クロスレビュー

平均

9.8

ユーザー

スコア

;">
-
7年ぶりとなるシリーズ最新作。アンドロイド部隊所属の2Bとなり、機械生命体に侵攻された地球を奪還するため、多彩なアクションを駆使して熾烈な戦いに身を投じる。
発売日
2017年02月23日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

NieR:Automata(ニーア オートマタ)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
10

戦闘の、攻撃回避の爽快感がかなり高く、気持ちがいい。ポッドといっしょに戦っているというのをよく実感できるシステムにもなっている。装備やポッドの強化をしっかり行うことで、成長を実感できるし、RPGの部分もきっちり作られています。ストーリーのネタバレは避けますが、独特の展開が多数あり、ファンなら期待していてよいかと。プレイしていて、ワクワクするところが多かったです。

週刊ファミ通1472号より

レゲー秋山
ファミ通公式 PS4
10

作品性と音楽、この2点がとにかくすばらしい。物語が進んで伏線が回収され、世界に満ちた謎が明らかになるたびに、ゲームとしての作りが粗く感じる部分は、すべて些末なことに思えてくる。戦闘は、R2ボタンでの回避を使いこなせるようになると、がぜんおもしろくなる。超親切設計の難易度イージーを始め、エンディングまでたどり着かせるための各種配慮も好印象。ロード時間が、もう少し短ければ。

週刊ファミ通1472号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
10

荒廃しつつも美しく感じる世界観や、アンドロイドたちの物語が心をグッとつかみ、グイグイとプレイを牽引してくれます。ムードを作り出すBGMもステキです。武器や攻撃手段を使い分け、ポッドによる銃撃なども活用する戦闘は爽快で、動かしていて楽しい。プレイヤーをあっと驚かせる仕掛けから、端々に見られる遊び心まで、ヨコオタロウ氏の作品の特色もよく出ていて、ファンにはたまりません。

週刊ファミ通1472号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

詩的に美しいビジュアルとエモーショナルなサウンド、愁いを帯びたアンドロイドが紡ぐ物語に、一瞬で心奪われました。イベント要素のあるバトルで、流れるようなカメラワークの中を流麗な動きで戦うのは、ドラマチックな体験。誰もが先へ進める難易度調整は◎ですが、自分の腕前を踏まえつつ、緊張感も楽しめる状態にオート部分をカスタマイズするのが少々難しく、本来のおもしろさが減じる場面も。

週刊ファミ通1472号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.8

ユーザー

スコア

;">
-
7年ぶりとなるシリーズ最新作。アンドロイド部隊所属の2Bとなり、機械生命体に侵攻された地球を奪還するため、多彩なアクションを駆使して熾烈な戦いに身を投じる。
発売日
2017年02月23日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

NieR:Automata(ニーア オートマタ)に関連

すべて見る

NieR:Automata(ニーア オートマタ)に関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    【エルデンリングDLC】『SHADOW OF THE ERDTREE』宮崎英高ディレクターの国内メディア独占インタビュー。過去最大規模のDLCで描かれる“影の地”の物語、その詳細が明らかに!
  4. 4
    『真・女神転生V Vengeance』アトラスの開発者に最速インタビュー。前作のシナリオはそのままに、“もうひとつの可能性”を形にした追加メインシナリオの意図などを訊いた【先出し週刊ファミ通】
  5. 5
    【Amazon】PS5+ソフトセットがお得なセールが開催。『FF7 リバース』『龍が如く8』『鉄拳8』などが対象に