クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
1日限定の超絶モテ男になった主人公が、言い寄ってくる女の子たちを“眼力”で昇天させていく。前作よりも、女の子の愛情表現やイベントの過激さがさらにアップしている。
詳細を見る

ぎゃる☆がん だぶるぴーす(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

前作を遊んだときに衝撃を受けたが、シューターとギャルゲーの融合は相変わらず見事で、本シリーズならではのおもしろさが随所で味わえる。女の子の愛情表現のパターンが豊富になったり、タッチスクリーンやタッチパネルを使ったイベントが追加されていたりと、いい意味でおバカ度とエッチ度が進化。ドキドキモードで、女の子が満面の笑みで昇天していく“ダブルピース昇天”には笑わされました。

週刊ファミ通1391号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
7

システムまわりや遊んだ感触は、前作とほぼ同様。迫り来る女子たちを、フェロモンショットでひたすら返り討ちにするのはなかなか爽快。攻撃しなきゃいけないけど、ダメージを食らう覚悟でいろいろなキャラの告白を見たくなるね。女子に触る場面が多いゲームなので、タッチスクリーンのあるPS Vita版をオススメしたいけど、ロード時間がちょっと長いのが気になるので、PS4版もありかな。

週刊ファミ通1391号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

ひたすら女の子にモテる展開やバカゲーのノリが楽しく、ドキドキモードの発動や、ヒロインとのイベントでスキンシップを堪能できるのもうれしい。ズームで透視が可能になり、女の子を見つめるのがより楽しみになった。生徒からのさまざまな依頼や、コレクション要素もあり、くり返し遊べる作りになっているのが○。P S4版は動きが滑らか。PS Vita版は、ロード時間の長さが少し気になった。

週刊ファミ通1391号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

自動的に前進し、女子との駆け引きに集中できるのがうれしいシューティングは、敏感な部分を狙い撃つ快楽や透視での覗きなど、多彩なお楽しみに大満足。お触りイベントあり、恋愛アドベンチャーありと、変化に富んだ構成も◎。声や行動で、モブキャラひとりひとりに個性が感じられるのもスゴい。とくにPS Vita版で、ロードがジャマに感じることもあったけど、完成度の高さは期待以上でした。

週刊ファミ通1391号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
1日限定の超絶モテ男になった主人公が、言い寄ってくる女の子たちを“眼力”で昇天させていく。前作よりも、女の子の愛情表現やイベントの過激さがさらにアップしている。
詳細を見る

ぎゃる☆がん だぶるぴーすに関連

すべて見る

ぎゃる☆がん だぶるぴーすに関連

すべて見る
  1. 1
    『龍が如く3』15周年。新たに沖縄が舞台として追加。極道である桐生の堅気としての姿も描かれるようになったシリーズ転機の作品【今日は何の日?】
  2. 2
    【コスプレ】『ガンダムSEED FREEDOM』『NIKKE』『ダンジョン飯』『FF9』『シスプリ』まで! ワンフェス2024[冬]コスプレイヤー30選
  3. 3
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  4. 4
    『エルデンリング』が発売された日。数々のゲームアワードに輝いたフロム・ソフトウェアの集大成とも言える作品。ギャグマンガも連載中【今日は何の日?】
  5. 5
    危険地帯ドライビングサバイバル『Pacific Drive』PS5/PCで発売。愛車をカスタマイズし、超常現象が発生する隔離ゾーンを調査