クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作は、ナチスが第二次世界大戦の勝利を目前にした1946年が舞台。超常科学やゾンビが待ち受ける中で、主人公B.J.はふたつの特殊任務を遂行する。
発売日
2015年06月04日
価格
2980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション / シューティング
メーカー
ベセスダ・ソフトワークス
詳細を見る

ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
8

独特の世界観やスキルなどは魅力的で、前作同様に遊び応えのあるシューティングを楽しめる。マップがちょっと単調に感じたところもあるものの、逆にストレスが溜まらなかった。クリアーまでの時間は短めだけど、価格を考えればちょうどいいね。ゲームのデキ自体はよかったので、もっと長時間遊びたかったという、いい面での欲求も感じてしまったり。F P Sとしてよくまとまっている印象です。

週刊ファミ通1381号より

レゲー秋山
ファミ通公式 PS4
8

FPSとしてはオーソドックスな作りで、ルートが一本道でマップにもヒントが表示されるので、迷わずに進めるのがありがたいです。死んで覚えるタイプのゲームだけど、それにしても敵の攻撃が容赦ない! 難度を下げてもなかなかのシビアさなのですが、どう工夫して倒してやろうかと、逆に燃えますね。アイテムにカーソルが合わず、拾いにくく感じる場面がけっこうあったのは気になりました。

週刊ファミ通1381号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

シングルプレイに特化し、道なりに進むシンプルな作りだが、そのぶん価格も抑えられているのがうれしい。難易度が5段階で間口は広めだが、チェックポイントは細かくはなく、やり甲斐のあるバランス。チャレンジモードでスコアアタックが楽しめるのはいいね。金属パイプを使う新アクションは、ちょっとしたアクセントになっている。初代『ウルフェンシュタイン』が遊べる仕掛けがあるのにもニヤリ。

週刊ファミ通1381号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

シリーズを遊ぶのはPC版『ウルフェンシュタイン3D』以来で、伝統のテイストをしっかり残しつつ、現代的なFPSに進化していると感じました。体力は自動回復こそすれ、上限が設けられており、昔ながらの歯応え。アドベンチャー要素や、銃撃とステルスの使い分けなど、多彩なアクションも◎。シングルプレイ専用でボリュームもコンパクトですが、このクオリティーの作品がこの価格で遊べるのはお得。

週刊ファミ通1381号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作は、ナチスが第二次世界大戦の勝利を目前にした1946年が舞台。超常科学やゾンビが待ち受ける中で、主人公B.J.はふたつの特殊任務を遂行する。
発売日
2015年06月04日
価格
2980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション / シューティング
メーカー
ベセスダ・ソフトワークス
詳細を見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    『コール オブ デューティ』のプレイステーションへの今後の方針をXboxトップのフィル・スペンサー氏が明かす。既存の合意分は維持、フランチャイズの展開も当面は継続か
  3. 3
    『ちいかわ』×ドン・キホーテのコラボグッズが2月5日より販売。ちいかわたちがドンペンの帽子を被ってさらにかわいく!
  4. 4
    【ますますマンガで分かるFGO】今回のテーマはスキル演出の早送り。漫画231話“高速化”が公開
  5. 5
    Switch/Steam『百年王国』が2月3日に発売。北欧神話やギリシャ神話の巫女とともに、100年かけて文明を築き上げるシミュレーションゲーム