クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
美しくデザインされた回路に流れる“パドル”(水や溶岩などの流体)を誘導していく。重力や障害物など回路そのものの構造に加えて、パドルの特性も考慮してゴールを目指す。
発売日
2014年12月24日
価格
833円 [税抜]
対応機種
Wii U
ジャンル
アクションパズル
メーカー
詳細を見る

パドル(Wii U)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 Wii U
9

各種の液体の動きが非常に滑らかで、見ているだけでもクセになる。ステージもバリエーション豊富で、液体ごとの特性に応じたルート取りが必要など、全体的に歯応えのある難度設定。だが、何回もくり返し挑戦したくなるおもしろさがある。Wii U GamePadを傾けるという感覚的な操作が、本作のシステムにマッチしている印象。手軽にプレイしやすい価格設定なのもありがたいところですな。

週刊ファミ通1364号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Wii U
7

世界を傾けて水や溶岩などのパドルを誘導していくゲーム性はわかりやすい。障害物を避けながら進んでギミックを解き、パドルによって異なる性質を考えつつ、パドルを流す勢いを調整するなど、試行錯誤するのがいい。実験室や人体など、ステージの設定もユニークですね。ただ、パドルが分散したときに、自分が追いたいのとは違うほうの固まりにカメラが追従することがあったのはもどかしく感じた。

週刊ファミ通1364号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 Wii U
7

ドロッとした液体を、傾きだけで操作してゴールまで運ぶという、とても単純なパズル。ただし、コースは機械の中や下水、そして人体など、バリエーションに富んでおり、びっくりするようなギミックがいくつも登場するのが楽しい。海外の独立系ゲーム会社の作品ゆえか、翻訳がややおざなりな感があるものの、操作感がよく、グラフィックのクオリティーもしっかりしていて、遊びやすいです。

週刊ファミ通1364号より

くしだナム子
ファミ通公式 Wii U
7

研究室や人体などをモチーフとした、理系なビジュアルがスタイリッシュです。粘性を感じさせる液体の表現も独特で、蒸発などで失われていく過程に終始ドキドキ。危険なニトログリセリンや不潔な下水などを慎重に扱うスリルもたまりません。マップの全体像が把握しづらく、ゴールも見えないため、液体をどの程度残せばいいかが判断できず、行き当たりばったりの攻略になりがちなところは残念。

週刊ファミ通1364号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
美しくデザインされた回路に流れる“パドル”(水や溶岩などの流体)を誘導していく。重力や障害物など回路そのものの構造に加えて、パドルの特性も考慮してゴールを目指す。
発売日
2014年12月24日
価格
833円 [税抜]
対応機種
Wii U
ジャンル
アクションパズル
メーカー
詳細を見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    アニメイトで『ゆるキャン△』&『mono』の漫画を買うと特製ブロマイドがもらえる血液センターコラボ応援フェアが開催!