クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
世界の滅亡を目論むオスカーの野望を阻止するため、個性豊かなモンスターたちを召喚してバトルを展開。モンスターを進化させたり魔法を駆使して、襲い来る敵を撃破する。
発売日
2014年09月03日
価格
740円 [税抜]
対応機種
3DS
メーカー
詳細を見る

カスタムモンスターズ(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
8

プレイヤーを飽きさせないコミカルなストーリーと演出が楽しく、全体的に丁寧な作り。インターフェースは良好で、操作感も心地いい。オーソドックスなタワーディフェンス型ゲームだが、モンスターカードのデッキの組みかた、キャラクターの配置、魔法や合成のタイミング、特殊地形の利用など、戦略性は高くてやり込み甲斐あり。ボリューム不足の感は否めないが、コストパフォーマンスは高め。

週刊ファミ通1346号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
7

“進化の素”の加えかたで、モンスターが変化して各能力が強化されていくのがおもしろい。作戦を練って手札の構成を考えるのは楽しめるが、カードを引く順がランダムなので、運要素も大きい印象。レベルアップで召喚速度や手持ちのカード数を増やせるのは、不慣れなプレイヤーへの救済措置にもなっていて○。モンスターを動かす際、合成の動作をキャンセルできず、操作ミスを取り消せないのは不満。

週刊ファミ通1346号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
7

モンスターを召喚し、武器を装備させて守るというシンプルな構成ながらも、奥が深いタワーディフェンス。雰囲気はカジュアルでとっつきやすい。解説もあり、コツはすぐにつかめるけれど、少し説明不足で戸惑う場面があったのが惜しい。戦闘では、召喚できる順番がプレイごとにランダムなので、難易度も若干変化。敵の歩みが速めなうえに、地形も考慮したりと、頭をフル回転させるのが気持ちいい。

週刊ファミ通1346号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 3DS
8

シンプルながらバランスのいいタワーディフェンスで、インターフェースも練られた感があり、手触りは良好。ストーリーやキャラクターは必要十分な印象だが、とくに魅力的でもない。チュートリアルがやや説明不足で、この手のゲームに不慣れだと、最初は戸惑うことも。全体のボリュームは少なめながら、価格を考えると大きな不満はないかな。周回プレイが楽しめるモードがあれば、なおよかった。

週刊ファミ通1346号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
世界の滅亡を目論むオスカーの野望を阻止するため、個性豊かなモンスターたちを召喚してバトルを展開。モンスターを進化させたり魔法を駆使して、襲い来る敵を撃破する。
発売日
2014年09月03日
価格
740円 [税抜]
対応機種
3DS
メーカー
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も