クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
9.0
前作と、そのエンディング後を描いた新作を収録。新たな強敵に立ち向かうため、龍馬たちが雷舞(ライブ)で対決していく。新曲の追加のほか、リズムゲームの演出面も強化。
発売日
2014年09月25日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
マーベラス
詳細を見る

幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
8

“歴史×ロックンロール”という斬新な組み合わせをうまく融合させた世界観が秀逸。おバカキャラたちによるコミカルな物語展開もおもしろく、ポップなグラフィックと、遊びやすいインターフェースが魅力を増幅させている。音楽ゲームとしてはシンプルだが、演出が凝っていて、目でも楽しめる作り。演奏が上手だと見た目も派手になり、ミュージックビデオを作っている感覚で楽しめるのが心地よかった。

週刊ファミ通1346号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

突き抜けた世界観とキャラが魅力的。リズムゲーム部分のシステムはわかりやすい作りで、キラキラした派手な演出のミュージックビデオもグッド。ストーリーは、コミックのような演出もあっていいが、スチルなどが少なく、リズムゲームが始まるまでが長いので、ちょっと淡々とした印象があった。グラフィックの美しさと、“シャウトレベル4”の演出が見られるという点で、PS Vita版がオススメです。

週刊ファミ通1346号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

コミック感覚で読めるアドベンチャーパートでは、ハジけまくるメンバーのノリにつられて、テンションが上昇。新キャラも派手でいい感じ。リズムゲームの見せかたもカッコよく、楽曲の世界観やキャラクターの魅力にどっぷり。曲数も増え、背景の映像も刷新されているのはうれしいね。PSVita版のほうが色鮮やかだけど、快適さはインストールすればPSP版も同等。前作との連動要素があるのも○です。

週刊ファミ通1346号より

大吉よる
ファミ通公式 PS Vita
8

前作と追加要素の両方が詰まった本作は、アニメから入った新規ファンには万々歳の1本。いっぱい遊べるお得感がすごいです。また、PS Vita版で見るMVの美麗さには大満足。本作の要である“バカカッコいい”リズムゲームは、演出がよりハデになったぶん、ボタンが見づらいのが残念。ババーンッ! と裸になる演出が楽しいのに、それを見ているとスコアがボロボロに……。ハイスコアを目指すなら練習が必須。

週刊ファミ通1346号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ぱんだま
PS Vita 2016-01-11 12:42:17投稿
9

良かった点
難易度超魂の追加。やっと両手プレイで音ゲーっぽくなったね

悪かった点
追加要素少ないっす。追加ストーリー短いっす。

総評
超魂はやりごたえあるしトロフィーもあるけど、それ以外は特に…。

クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
9.0
前作と、そのエンディング後を描いた新作を収録。新たな強敵に立ち向かうため、龍馬たちが雷舞(ライブ)で対決していく。新曲の追加のほか、リズムゲームの演出面も強化。
発売日
2014年09月25日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
マーベラス
詳細を見る

幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)に関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
  5. 5
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
特設・企画