クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
9.0
『プラント vs. ゾンビ』シリーズのキャラクターたちが、広大なフィールドで熾烈なバトルを展開。マルチプレイでは、12人対12人の対戦モードや協力モードを堪能できる。
発売日
2014年09月04日
価格
3800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
8

見た目のかわいさもあり、TPSという骨太なジャンルを持て余すのでは? などとも思ったが、遊んでみるとかなり真っ当なデキ。低価格ながらよくできており、このカラフルで色鮮やかな世界観でのTPSというのが、むしろ新鮮に感じられる。マップ数の少なさなどはネックなのだが、シュータージャンルの初心者でも入りやすいビジュアルはいいと思います。ただ、成長要素は評価が分かれるかな。

週刊ファミ通1347号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

キャラごとに独特なアビリティがあり、個性が大きく異なるのがいい。キャラのカスタマイズ要素や、特定の条件を達成してレベルアップする仕様も楽しめる。そして何より、キモカワなキャラの雰囲気も手伝って殺伐とした空気になりにくく、ガツガツせずに遊べるのが最高。スピーディーすぎない動きで操作もシンプルなので、初心者でもプレイしやすい。アクの強い見た目に反して、間口は広いと思う。

週刊ファミ通1347号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 PS4
8

何の説明もなくポイッとオンラインのフィールドに放り出されるので、かなり戸惑うが、それでもすぐに楽しめるわかりやすさには感心しました。牧歌的なグラフィックが幸いし、殺伐とした雰囲気がないので、「怖そう」といった理由でTPSを避けている、食わず嫌いのプレイヤーにはとくにオススメ。いかにもアメリカ人好みのキャラというハードルはありますが、やればやるほど愛着が湧きますよ。

週刊ファミ通1347号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

キモカワキャラがいい作用をもたらしている。たとえば、“オンライン専用”や“対戦型TPS”といった要素のとっつきにくさを緩和。小さな子の英語チャットをよく拾うのが、ユーザーを選ばない証拠ですね。倒しても倒されても倒せなくても、対戦相手や味方とのあいだにネガティブな感情が生じにくい効果も。私が遊んだ期間や時間帯は、対戦参加者が一方のチームに偏り、苦戦することも多かったです。

週刊ファミ通1347号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

きなこ
PS4 2015-05-03 17:58:57投稿
9

良かった点
とにかく手軽にポップで戦略的なTPSが遊べる。
仲間との連携が重要で、腕に自身がなくてもチームに貢献することが出きる。
試合後貰えるポイントでリワードを手に入れられてモチベーションが尽きない。
見た目のカスタマイズが豊富。
ラジオやニコ生などを視聴しながらなど、ながらプレイに最適。
欲しいソフトがないなーという時期などに適当にプレイしても熱中出来てしまう

悪かった点
慣れるまでどのルールを遊べばいいのか分かりにくい。
チームの人数や強さが偏ったままになることがある。
海外のボイチャで子供がうるさい時がある。(ボタンひとつで全ボイチャをミュートにはできます)

総評
見た目はゆるいが何も考えないで撃っているだけでは勝てない奥深さがある。
かといって狙いをつける能力が何より第一なゲームでもないので、TPS初心者に特にオススメ。同時に、上級者がハマれる要素も十分にある。

ちなみにコンピューター相手に戦うウェーブ式の協力プレイもあるが、主に人がいるのは普通の対人戦のチームバンキャッシュというモードだと思います。初心者はウェーブ式の
協力モードから始めると操作に慣れやすいでしょう

クロスレビュー

平均

8.3

1ユーザー

スコア

;">
9.0
『プラント vs. ゾンビ』シリーズのキャラクターたちが、広大なフィールドで熾烈なバトルを展開。マルチプレイでは、12人対12人の対戦モードや協力モードを堪能できる。
発売日
2014年09月04日
価格
3800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェアに関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    【マンガ大賞2022】候補10作品が発表。『海が走るエンドロール』『【推しの子】』『ダンダダン』『ルックバック』などがノミネート!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!