クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
10
前作『ブレイブリーデフォルト』から数年後の世界が舞台。新ジョブとして“パティシエ”や“ねこ使い”などが追加されて、戦略性がさらに増したターン制バトルを堪能できる。
発売日
2015年04月23日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

ブレイブリーセカンド エンドレイヤー(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
9

ジョブシステムや雰囲気などは、古きよきRPGの手触りでなじみやすく、“ブレイブ”や“ブレイブリーセカンド”を活用するバトルは、頭の使い甲斐がある。オートバトルで実行するコマンドを登録しておく機能や、ジョブやアビリティの組み合わせを保存しておけるマイセットがありがたく、わずらわしく感じる部分を極力減らして、本作の特徴的なシステムを活用できるように調整されているのがナイス。

週刊ファミ通1376号より

戸塚伎一
ファミ通公式 3DS
9

立体視映えするフィールド上を、ロマンに満ちたBGMとともに冒険できる贅沢仕様は、前作同様。徐々に自由度の幅が広がっていくキャラのカスタマイズに頭を悩ませながら、一本筋の通ったストーリーを楽しめます。新旧キャラの絡みかたの絶妙さも含めて、会話イベント全般は注目です。通信機能を介して体験できる各種おまけ要素も楽しく、コミュニケーションツールとしてもフル活用できるでしょう。

週刊ファミ通1376号より

ツツミ・デラックス
ファミ通公式 3DS
9

膨大なユーザーアンケートなどをベースに、前作『ブレイブリーデフォルト』を徹底的にブラッシュアップしたというシステムは、非常に快適かつ楽しい。前作との地続きとなるストーリーも理解しやすく、本作からのプレイでも十分楽しめる。シリーズの特徴である“ブレイブ”と“デフォルト”に、自キャラ以外の時間を止めるシステム“ブレイブリーセカンド”が加わったことで、より自由度が高くなった。

週刊ファミ通1376号より

くしだナム子
ファミ通公式 3DS
9

前作のシステムをほぼそのまま継承した点は、新鮮さはなくとも、突出した完成度の高さで、ファンにも新規プレイヤーにも歓迎されるはず。戦闘中、“ブレイブリーセカンド”はついケチりがちで、“あると便利だが、なくてもイケそう”という気分に。オートバトルや敵遭遇率の変更は、携帯機での遊びかたと好相性。音楽の印象が変わったが、『雛鳥』など、前作の名曲が効果的に織り交ぜられていてうれしい。

週刊ファミ通1376号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

りお
3DS 2016-05-10 15:17:16投稿
10

良かった点
こんなロープレ今まで見たこともないです。
特に感動したのがグラフィックでした。
大体最近のロープレッてファミコン時代のカクカクなものかめちゃ最新の
デジタル感ありありのデザインが主だと思うんですがこのゲームは
移動中の建物や背景など全て手で書かれた感じで温もりがあって
個人的に大好きです。
イメージ的にはクロノトリガーと天空の城ラピュタを
足してゲームにした感じかな。
何かと比べるのは失礼かもしれないけど僕はクロノトリガーも
ラピュタも大好きなので最高でした。
少なくともFFやドラクエっぽくはなかったです。
移動してても飽きないし、途中で散歩したくなるような
遊び心くすぐる作品だと思います。
ストーリーも非常に濃く、人間の哲学的な要素を問いかけているようで
とても良かったです。

悪かった点
悪いと思っているわけではないですが、個人的な好みを挙げるとすれば
主人公たちが僕には少し可愛すぎかな。
男らしさ欲しいです。あと英語使うなら
英語を片言にするより外人の片言日本語の方がいいと思います。
テロップ出てるから読めます。

総評
全体的には世界の文化を融合した新感覚の世界観でとても楽しめました。
次作あるのかな。ほんとに楽しみです。

クロスレビュー

平均

9.0

1ユーザー

スコア

;">
10
前作『ブレイブリーデフォルト』から数年後の世界が舞台。新ジョブとして“パティシエ”や“ねこ使い”などが追加されて、戦略性がさらに増したターン制バトルを堪能できる。
発売日
2015年04月23日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

ブレイブリーセカンド エンドレイヤーに関連

すべて見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    【かわ余】ホロライブ×ファミマコラボ第6弾が発表。湊あくあ、百鬼あやめ、大空スバル、夜空メル、癒月ちょこ、アキロゼなどがバレンタイン衣装に!
  3. 3
    『一番くじ 鬼滅の刃 ~宇髄天元 見参!~』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場
  4. 4
    PS4、PS5でのゲームプレイの成果を振り返る“あなたのPlayStation2021”が公開。4種類のアバターを無料ダウンロードできるコードのプレゼントも
  5. 5
    【ホロライブ】宝鐘マリンのファンブックが1月27日に発売。マリン船長のいまと過去に迫るインタビュー、豪華作家陣によるアンソロ漫画やイラストなど収録