クロスレビュー

平均

-
任天堂のキャラクターたちがバトルをくり広げる人気アクションゲームの第2弾。制限時間内に取ったコインの数を競う"コインバトル"などが追加されたぞ。
発売日
2001年11月21日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
ゲームキューブ
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

大乱闘スマッシュブラザーズDX(ゲームキューブ)のレビュー・評価・感想情報

ksk
ゲームキューブ 2006-11-13 18:50:05投稿
8

 ニンテンドー64で高い人気を得た、
任天堂作品のキャラクターたちが総出演する
対戦アクションゲーム。
 非常に良く調整されたゲームシステム、
多様な個性を持つキャラクター、
豊富なゲームルールなど、長く遊べる工夫がされている。
ゲームをする仲間が居れば非常に長い間楽しめる、
非常によくできた作品である。
 グラフィックも美しく、音楽も重厚かつ
任天堂作品のアレンジ楽曲であるため、
ゲームを遊んでいれば非常に懐かしく感じられる。
一人用のゲームモードも充実しており、
殆ど非の打ち所がない。
 しかし、非常にゲームの展開が速く、
慣れないうちはキャラクターの動きを追うことも難しく感じてしまう。
特に前作のテンポに慣れているとその傾向は強い。
ハンデなども非常によくできていて、
初心者と上級者の溝を埋めフェアな勝負はできるが、
楽しめるほどキャラクターを扱えるようになるまでは
1ステップが必要となる。

クロスレビュー

平均

-
任天堂のキャラクターたちがバトルをくり広げる人気アクションゲームの第2弾。制限時間内に取ったコインの数を競う"コインバトル"などが追加されたぞ。
発売日
2001年11月21日
価格
6800円 [税抜]
対応機種
ゲームキューブ
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

大乱闘スマッシュブラザーズDXに関連

すべて見る
  1. 1
    『ゼノブレイド DE』が発売された日。Wiiを代表するRPGが“決定版”としてSwitchで復活。より磨きのかかった絶景フィールドやキャラモデリングに感嘆の声【今日は何の日?】
  2. 2
    『スカーレットネクサス』制作秘話。スタッフから言われた「カッコ悪い」で大きく作品を見つめ直す。コンセプト共有と焦点を絞る重要さ【CEDEC+KYUSHU 2022】