クロスレビュー

平均

8.5

1ユーザー

スコア

;">
4.0
シリーズ10周年作品。“ウタウタイ”と呼ばれる特殊能力の持ち主ゼロとなって、敵と戦っていく。敵の血しぶきを浴びるとテンションが高まり、戦闘力が上がる。
発売日
2013年12月19日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS3
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

ドラッグ オン ドラグーン3(PS3)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS3
8

アクションとしてはオーソドックスだけど、演出や見せかたが独特で、途中でやめられない不思議な魅力がある。過激なシーンやセリフ回しも多いが、嫌な感じがしないバランスのよさは○。大きな敵との戦いで視点が見にくいなど遊びにくさも感じるが、それを払拭させるパワーがあるね。

週刊ファミ通1306号より

レオナ海老原
ファミ通公式 PS3
9

血しぶき出まくりのアクションは、ハイスピードで展開されるので、嫌悪感を抱かず楽しめる。システムの独自性は強くはないが、世界観やキャラなどすべてを混ぜ合わせると、この世でただひとつの、独創的ないびつさと魅力を併せ持った作品となる。最後の最後まで目と耳が離せない!

週刊ファミ通1306号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS3
9

狂気と美しさを感じさせるようなキャラや世界観が魅力的。戦闘中に交わされるさまざまな会話もおもしろい。前作に比べ、ドラゴンの乗り降りが任意で行えず、上空戦の動きも自由度がやや下がった印象だが、ドラゴンに騎乗して地上の敵と戦う地上決戦は爽快。アクションも軽やか。

週刊ファミ通1306号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS3
8

壮絶な物語と、予想外の演出の連続にどんどん引き込まれる。キャラクターたちが、戦闘しながらしゃべりまくるのも驚きです。アクションの途中でも、武器の切り換えがサッと行えるのもいいね。ロードが少し長く感じられたり、チェックポイントの間隔が長めなのはちょっと気になる。

週刊ファミ通1306号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

shimotsuki
PS3 2014-01-07 20:04:11投稿
4

良かった点
他ではあまり見ない印象的で魅力的なキャラクター、地上アクションの軽快さ、
前作の評価からの期待度、確実に思い起こせるのはこれらくらいです。

悪かった点
まず頻繁かつ長いロード時間、常にプレイのペースと意気を乱してきます。
ゲーム内容はよく出来ているだけで特に煮詰められてるわけでもなく、
斬新さも感じさせず、淡々と雑魚掃討作業が基本。
処理落ちも多く、アクション中頻繁にカクカクと一時停止したり、
敵や敵弾の多い砂の国のあるシーンでは完全にスローモーションになりました。

一番楽しみにしていたストーリーはろくに設定説明が無く謎だらけの世界観の中、
関係性希薄のキャラ達が何やら勝手に盛り上がり話を進めていくドラマ性皆無の
無駄話にこちらは置いてけぼり。
時折古臭く雰囲気を壊すギャグ?ユーモア?に寒さを感じさせられました。

そして真のENDルートに進む為には使う必要もない無駄に数多い
全武器収集を強いられ、極めつけは最終面のゲーム内容の異質さ悪質さです。
そこでプレイを諦め、中古屋買取に向かいました。
真EDは投稿動画で見ましたが、特に美麗映像演出、感動結末、ショッキング展開が
待っている事も無くただポカンとする内容でしたので、売った事を後悔することもなく、
最終面を頑張ってプレイせずに正解だった、と安堵したのが素直な感想です。

総評
大部分のゲーム内容自体はそれなりに完成され、楽しさもやりがいもあったのですが、
何といっても終わりが悪ければ全て悪い、という印象です。
ここまでプレイ後に落胆、後悔したゲームはそうありません。

ただ出来の悪いゲームなら許せますが、このゲームは開発、製作者サイドの
増長とと傲慢を感じざるを得ない許せない作品となりました。

未プレイの前2作を人気と評判から気になっており、
この作品から遊び始めようと思ってましたがやる気が失せました。
当然続編が出ても手は出さないでしょう。

クロスレビュー

平均

8.5

1ユーザー

スコア

;">
4.0
シリーズ10周年作品。“ウタウタイ”と呼ばれる特殊能力の持ち主ゼロとなって、敵と戦っていく。敵の血しぶきを浴びるとテンションが高まり、戦闘力が上がる。
発売日
2013年12月19日
価格
7600円 [税抜]
対応機種
PS3
ジャンル
アクションRPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
特設・企画