クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
紛争地帯を舞台に、多彩なミッションに挑むシリーズ最新作。マルチプレイでは、世界10ヵ国、12種類ある精鋭部隊からひとつを選び、対戦や協力プレイをする。
発売日
2012年11月15日
価格
7300円 [税抜]
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

メダル オブ オナー ウォーファイター(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Xbox 360
9

マルチプレイでは“バディ”との連携がポイントとなるモードがあり、相手が弾薬の補充してくれたり、敵を発見しやすくなるなどの利点があって新鮮。キャンペーンも、仲間の協力が必要な場合が多く、絆を感じられてよかった。扉から突入する方法が豊富にあり、状況によって選べるのも○。

週刊ファミ通1251号より

デビル藤原
ファミ通公式 Xbox 360
8

マルチプレイにおいて、相棒との行動をシステムに落とし込んだ“FireTeam”の存在はグッド。細かい部分までカスタマイズ可能な多彩な銃器も、マニアにはたまりません。キャンペーンはストーリーが非常に魅力的。しかし、アクション面で突出した部分が感じられないのは惜しい。

週刊ファミ通1251号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Xbox 360
8

マルチプレイは、ふたりひと組になって戦うシステムがおもしろい。銃の細部まで改造できるマニアックな仕様も○。キャンペーンのボリューム感がもうひとつで、ほかにオフラインで遊べるモードがないのは少しさみしい。オンラインに重きを置いて遊ぶなら、腰を据えて楽しめそう。

週刊ファミ通1251号より

本間ウララ
ファミ通公式 Xbox 360
8

パートナーとふたりひと組で戦地を進んでいくマルチプレイは、単独で行動するときとは違う緊張感や達成感が味わえ、より濃密な体験ができる。ただ、簡単な意思疎通ができる機能もあると、もっとよかったかも。実在の銃器をカスタマイズして、とことんこだわれるのもうれしいね。

週刊ファミ通1251号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
紛争地帯を舞台に、多彩なミッションに挑むシリーズ最新作。マルチプレイでは、世界10ヵ国、12種類ある精鋭部隊からひとつを選び、対戦や協力プレイをする。
発売日
2012年11月15日
価格
7300円 [税抜]
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    『ワンピース』一番くじが本日(2/23)発売。【ルフィから弾き飛ばした痛みと疲労】のルームライトが“D賞”の景品として登場
  4. 4
    映画『忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』12月公開。土井先生活躍の人気小説がファン待望の映像化
  5. 5
    【Amazon】PS5+ソフトセットがお得なセールが開催。『FF7 リバース』『龍が如く8』『鉄拳8』などが対象に