クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
エージェントのヘイデン・テンノとなり、特殊な武器"グレイヴ"やさまざまな特殊能力を駆使して敵を倒そう。オンラインでは最大10人で対戦することが可能。
発売日
2008年03月27日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ディースリー・パブリッシャー
詳細を見る

ダークセクター(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

戦闘員まるこ
ファミ通公式 Xbox 360
8

ブーメランのようなグレイヴを駆使して仕掛けを作動させたり、敵を倒していくアクションは楽しめる。物語が進むにつれ、パワーアップしていくのもいいね。操作に関するヒントは表示されてプレイしやすいが、たまにどこへ進めばいいかがわからなくなるのがちょっと残念かも。

週刊ファミ通1008号より

レオナ海老原
ファミ通公式 Xbox 360
9

Z指定ならではのシューティングとしての爽快さと、グレイヴを使った謎解きのおもしろさが気持ちよく同居。ボス戦などはヒントが少なく難度は高いが、やり応えがある。ただ、全体的にカメラの揺れが激しく、慣れるまで時間がかかるかも。オプションでオフにできるとよかったなぁ。

週刊ファミ通1008号より

河田スガシ
ファミ通公式 Xbox 360
8

世界観やシステム面に目新しさは感じられないが、細部まで描かれた美麗さと丁寧な作りによる操作感のよさで、つねに緊張感を持って遊べる作品に仕上がっている。グレイヴで仕掛けを解く楽しさ、未知の敵との戦いがたまらない。難解な謎解きがない分、幅広い層が遊べると思う。

週刊ファミ通1008号より

ででお
ファミ通公式 Xbox 360
8

ブーメラン状の武器で敵をズバズバ斬る感覚は気持ちいい。また、ステージを進めるたびに徐々にパワーアップしていくのも飽きない要素。ただし、チュートリアル的な要素が少ないため、何をすればいいか戸惑う場面も……。ほぼ一本道とはいえ、目的地がわかりづらいのも惜しい。

週刊ファミ通1008号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.3

ユーザー

スコア

;">
-
エージェントのヘイデン・テンノとなり、特殊な武器"グレイヴ"やさまざまな特殊能力を駆使して敵を倒そう。オンラインでは最大10人で対戦することが可能。
発売日
2008年03月27日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ディースリー・パブリッシャー
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も