クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
戦場で傷を負った侍となり、農民や大名、野武士軍団などの勢力に加担しながら物語を進めよう。イベント中に抜刀や土下座をすることで、物語が大きく変化する。
発売日
2008年11月13日
価格
7400円 [税抜]
対応機種
PS3 他の機種を見る
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
スパイク
詳細を見る

侍道3(PS3)のレビュー・評価・感想情報

戦闘員まるこ
ファミ通公式 PS3
8

最初は人物関係などがわからず、物語が唐突に思える場面も。くり返しプレイするうちに、イベント中の抜刀や土下座の仕組みが徐々に判明し、どうすれば違う展開になるかがわかる。選択肢やできることが多いだけに、じっくりと楽しむほど味が出るね。剣劇シーンは相変わらず楽しい。

週刊ファミ通1040号より

デイリー松尾
ファミ通公式 PS3
8

ムービー中でも抜刀可能でイベントがどんどん変化していくため、自分で物語を紡いでいる感覚を強く得られる。日数制限の廃止やスキップ機能搭載など、プレイの快適性も向上。フラグが複雑に絡み合っているせいか、物語の整合性に違和感を覚える部分はあるが、つい何度も遊んでしまう。

週刊ファミ通1040号より

サンフランシス小山
ファミ通公式 PS3
8

周回プレイは前提。日数制限を廃したことで伸びやかなサムライフが送れる反面、明確な目的がないと散漫なプレイに。だが渡世、金策、精錬、伴侶など、いずれもいろいろ試したくなる幅広さ。セーブやイベントからの脱出は自由だが、一瞬の不覚で進めていた筋をフイにするのも楽しい。

週刊ファミ通1040号より

阿部ピロシ
ファミ通公式 PS3
7

沙汰システムの追加や時間制限の撤廃により、自由度は前作以上にアップ。やり込み要素が豊富で、徐々に増えるクリアー特典も魅力的なので、プレイ意欲を掻き立てられます。ロード時間は長くはないが、頻度を考えると少々気になります。渡世の種類はもっと増やしてほしかったなぁ。

週刊ファミ通1040号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
戦場で傷を負った侍となり、農民や大名、野武士軍団などの勢力に加担しながら物語を進めよう。イベント中に抜刀や土下座をすることで、物語が大きく変化する。
発売日
2008年11月13日
価格
7400円 [税抜]
対応機種
PS3 他の機種を見る
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
スパイク
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
  5. 5
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ