クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
モンスターを仲間にする“アンチェイン”システムを駆使しつつ、ダンジョンを冒険しよう。ひとりのキャラクターに、4匹のフォロワー(モンスター)を付けられる。
発売日
2011年07月14日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
フリュー
関連サイト
http://www.cs.furyu.jp/ubr/
詳細を見る

アンチェインブレイズ レクス(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
7

3DSの機能はあまり活かされていないが、細かいロードがないぶんテンポのよさはこちらが上。ただ、画面や文字の見やすさはPSP版に劣る。ボードゲーム風のキャラ育成システムや、サポートキャラの組み合わせの妙など、本作特有のやり込み要素があるのは◎。専門用語が多いのは難。

週刊ファミ通1179号より

レオナ海老原
ファミ通公式 3DS
8

内容にPSP版との差はなし。HPの表示が小さいうえにぼやけて見にくいのは気になったが、下画面にオートマップが表示されるのは便利。また、モンスターを配下に加え戦力を増強していく作りはおもしろく、つい仲間を増やすのに夢中になる。難度は高いが、遊ぶほどに味が出る作品です。

週刊ファミ通1179号より

ウワーマン
ファミ通公式 3DS
8

スキルマップのルートによって、マスターの成長に変化が出るのが○。フォロワーの組み合わせを考えるのも楽しいですね。下画面で常時マップが見られるのも便利。ただ、敵の顔ぶれが変わるエリアに行くたびに、敵の強さが激変するバランスなのが難点かな。慣れるまで戸惑いますね。

週刊ファミ通1179号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
8

ダンジョンのグラフィックがキレイ。3D表示にすると、奥行き感が出ていいですね。ストーリーは充実しており、個性的なキャラクターたちによるイベントも見応えたっぷり。フォロワーが持つ属性の組み合わせで使える必殺技が変化するので、慣れるといろいろと試したくなります。

週刊ファミ通1179号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
モンスターを仲間にする“アンチェイン”システムを駆使しつつ、ダンジョンを冒険しよう。ひとりのキャラクターに、4匹のフォロワー(モンスター)を付けられる。
発売日
2011年07月14日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
RPG
メーカー
フリュー
関連サイト
http://www.cs.furyu.jp/ubr/
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も