クロスレビュー

平均

8.3

6ユーザー

スコア

;">
7.8
シリーズ最新作。前作『蒼炎の軌跡』から3年後の世界を舞台に、新たな物語が幕を上げる。マップに高さの概念が導入され、より戦略的な戦いが楽しめるぞ。
発売日
2007年02月22日
価格
6476円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
任天堂
詳細を見る

ファイアーエムブレム 暁の女神(Wii)のレビュー・評価・感想情報

カミカゼ長田
ファミ通公式 Wii
8

同シリーズでは珍しい、前作と同じ世界が舞台の正統な続編。そういう意味では、前作が好きな『エムブレム』ファンには貴重な存在。前作のキャラも出るし。前作からシステムや見た目がほぼ変わらず、Wiiの特徴を活かした要素もないのなら、ゲームキューブで出してほしかった。

週刊ファミ通950号より

吉池マリア
ファミ通公式 Wii
8

前作からの大きな変更点やWiiならではの何か、というのはないけど、やっぱり絶妙な難度とテンポのいい戦闘は秀逸で、止めどきが難しい作品。前作のキャラがタップリ出てくるので、前作を遊んでからのほうが楽めることは確か。まあ、コレが初めてでも戸惑うことはないかな。

週刊ファミ通950号より

山本ペンキ
ファミ通公式 Wii
8

王道と言っていいくらい正統派なシミュレーションRPG。いろいろと進化はしていますが、プレイした感じは代々の『エムブレム』と変わらずの印象です。なので安心して楽しめますな。前作『蒼炎の軌跡』の続編なため、事前に遊んでおいたほうが、よりストーリーを楽しめますよ。

週刊ファミ通950号より

青山ガゾー
ファミ通公式 Wii
9

リモコンを振り回してのプレイはなし。その意味では、ふつうのゲームです。攻撃力と体力の差を確認しながら、仲間が死なないようにプレイする『エムブレム』らしさも健在。シリーズのファンなら、買わなきゃ損。一方、親切なチュートリアルで、ゲーム初心者への配慮も万全。

週刊ファミ通950号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ayanka141
Wii 2017-06-13 00:38:50投稿
5

良かった点
高低差でさらに戦略的になった

悪かった点
味方軍の第3勢力も含めた多対多のステージが多く、ただ見てるだけのバトルがつまらない

総評
中盤の多対多のステージがとてつもなくつまらなくてここで挫折する人が多いかと思いますが、クリアできたのはFEというブランドネームで何とかクリアまで遊びましたが、これが新規タイトルとかだったらやめてました。
この後のFEでは採用されていないのでよっぽど不評だったんだと思います。
FEで一番つまらない作品かと。

MEGU
Wii 2010-11-11 14:44:20投稿
9

ゲームキューブの『FE 蒼炎の軌跡』の続編?です^^キャラの登場数が凄まじい割に、活躍させる機会が少なくて切ないです。主人公が何回か変わり、味方が敵として登場したり・・・と面白い要素も^^支援会話が誰とでも出来てしまうんですが、それよりは今までのように特定の人物との支援で特定の会話が見れたほうが良かったかな・・・。クラスチェンジが最高で2回できるのは、自分的には良かったです^^奥義も格好良いし、グラフィックも素敵でした♪ただ、敵も奥義を持っている場合、発動するとほぼ即死なのでボスが奥義持ってたりすると厄介でしたorz防御力無視の攻撃力5倍の攻撃・・・なんてあったら誰でも即死でしょ?wこれは運なので、発動しないように祈るしかないですね^^wゲーム自体は面白かったです^^2周目以降でストーリーが少し変わるらしいので、やりこみ要素もアリです。蒼炎の軌跡とセットでやると楽しさ倍増だと思います^^   

まあち
Wii 2008-03-12 09:25:35投稿
10

このシリーズはほんとに中毒性があって、大好きです。
毎回買うときは、リセットを十数回押すだろうという覚悟があって、購入してます。
時間に余裕がないと、できないゲームですが、やり始めると絶対はまります。気がつくと2時間があっという間にすぎてるんですよね。
そして、近くで誰かに話しかけられても、聞こえていなかったりします。
(敵のターンだからと、戦況を見逃していると殺されてしまうので)
仲間が殺されてしまうと、やりなおしがきかないところがいいんですよね。
そして、どうでもいいキャラクターだからと、捨て駒にすると、そのキャラクターがいないと仲間にならないキャラクターが出てきたりして、絶句したりするところもいいところ?夢中にさせるところです^^;
やったことのない方は、一度遊んでみてもらいたいゲームです。
敷居もそれほど高くはないと思います。

こけし
Wii 2007-03-28 14:29:02投稿
7

SF以来の久しぶりのFEでした。
硬派なイメージだったのですが、あまりの変貌ぶりに違和感を感じた。
■古典的すぎる戦闘
やはり、古典的過ぎる戦闘でしょうか。
FC時代からあるコテコテのSRPGですね。
表示された結果を見て、全てを予測して、正しく動き続けるというゲーム。
好きな人はそれが楽しいんでしょうが、
駆け引きの要素がとても低くて、私は面白さを感じなかった。
仲間が死んだら終わりというのが、
プレイヤーに確実な生存なための動きだけを強要してる感じですかね。
だからリスクありきでは動けないし、敵のターンが単調になる。
単調になるように動かざるを得ないという事ですが・・・・
だから、エネミーターンに緊張感は全くないし、見ていても面白くもない。
敵の数が増えてくると待ってる時間も長くて暇だったりする。
マップクリアしても、達成感は無く、疲労感ばかり感じてしまう。
FEだけのと言うよりは、この手のSRPGの欠点だろうか。
■まとめ
タクティクスオウガを遊んで以来、
私は、ターン制のSRPGに楽しさを感じなくなっている・・・。
この手のゲームはPS2で一度もやらなかったので、5年ぶりくらい?
久しぶりだから楽しめるかなと思って買ったが、予想に反して厳しかった。
ターン制のSRPGって、昔から何も変わってないですよね。
私は、改善すべき点は結構あると思うのだが・・・。
待ってる間が暇とか、行動が予測ついて緊張感にかけるとか・・
この手のSRPGが好きな人や、
あまり遊んだ事のない人向けのゲームだと思いました。

Fire
Wii 2007-03-28 00:34:49投稿
8

タイトルの通り
一応点数はつけましたが、半分までしか遊んでないのでそのあたりの考慮を
ちょっと気になる点がいくつかありましたのでそれをあげていきます。
1、リモコンで操作させる気あるのか?
任天堂やインテリジェントシステムズに限って、
余分にコントローラー買わせるような操作設定にはしてないだろうなぁと、思ってましたが
思いっきり期待を裏切られました。
確かにSRPGで、ほとんど使うボタンは十字キーと決定とキャンセル
それだけあれば十分なんですけど、このゲームの場合それプラスαで
ステータスを頻繁に表示する。
特に敵、味方のステータスでクリアに結構左右されるので、
しかし、そのステータスを見るボタン入力はB+1とか言う複雑な操作が必要。
なんでAボタンに配置されてないのか、よくわからない。
そして、そのAボタンは一章に一回使うかどうかわからないマップ表示
それこそ、B+1にしようよ。
縦持ちに関しては、右手で十字キーにさえ慣れたら、結構快適なんですけど
ボタン数が少ない為、カメラ視点の変更不可
Wiiなんだから、A+B同時押しで、リモコン上げ下げしたときに変更できるようにして欲しかった。
てなわけで、結局クラシックかゲームキューブコントローラ必須になってしまっている。
たまたま、クラシック持ってたからよかったけど、これだけでも結構買う気無くさせてるような気がする
2、なぜ、ノーマルはセリフが少ない?
ハードが結構難しかったので、ノーマルをやってたんですが
何故かハードに比べてセリフ数が少ない。ちょっとこれどうなのよ。
最近のFEはシナリオやキャラ志向の点もあるのに、その点だけ楽しみたい人達への配慮考えてのノーマルじゃないんでしょうか?
今まで、難易度変更可能にしてたのは何の為だったんでしょうか?ホントに謎
3、パーフェクトプレイを目指すと飛躍的に難易度上昇。
最近の任天堂のソフトに見られる傾向、
普通にプレイするだけなら簡単だけど
アイテム全部回収して、誰も死なさず、その章での制限(志願兵を殺さない、同盟軍全員生還等)を守ろうとした途端に飛躍的に難易度が上昇する。
その為、極めたい人にも、ライトユーザーにも安心して楽しめる作りになっている
やはり、この点は大事にしていってもらいたい。
4、章ごとに求められる物が違う
時間制限がついたり、敵も含めて誰も殺さずにクリア、捕虜を全員保護する等と、
その章ごとに求められる物がまったく異なり、新鮮味がある。
しかし、この点は出来ればもうちょっとひねって欲しかったかも
確かに今までのFEと比べると結構ひねってあるけど、もうちょい欲しい。
ただ、具体的に言えないのが素人意見ではあるが

慶太
Wii 2007-02-25 15:18:46投稿
8

 Wiiでファイアーエムブレムが出ると聞いて、長い戦闘の時間ずっとリモコン振ってなきゃいかんのか〜?とすこし心配しましたが、操作はいたって旧態依然としたものでした。もちろんWiiリモコンを使って片手で操作することもできますが、個人的にはクラシックコントローラーかゲームキューブコントローラーで遊ぶのがしっくりきました。
 しかし、そうするとプレイしてしばらくすると「これWiiで遊んでるんだっけ〜?」と思うように。。そう、あまりにも普通なのですよ。ゲームとして良いか悪いで言えば間違いなく良くできたシュミレーションRPGです。過去のシリーズにあった超絶な難易度は無く初心者さんでもそれに合った難易度を選択できるので僕みたいなゲーマーにはうれしいですし、ストーリーも秀悦です。でもWiiならではの要素はまるで皆無ですね〜。
 これは今後のWiiの課題でもありますね〜。確かに新しいゲームで新たなユーザー層の開拓に成功しましたが、今までの据え置きゲームで発売してきたシリーズモノをどうやってWiiで継承していくかですねぇ。グラフィックなどのスペックはPS3やXbox360よりも劣っているのは明らかなので、ちょっと心配ではあります。このゲームだってスペック的にはゲームキューブでも十分再現可能なレベルだと思いますし・・。
 でもそんな事は任天堂さんだって想定済みだと思いますので、これからいい意味で期待を裏切ってくれることを信じます。というわけでこのゲームはWiiらしい要素を期待しなければおすすめできますよっ。

クロスレビュー

平均

8.3

6ユーザー

スコア

;">
7.8
シリーズ最新作。前作『蒼炎の軌跡』から3年後の世界を舞台に、新たな物語が幕を上げる。マップに高さの概念が導入され、より戦略的な戦いが楽しめるぞ。
発売日
2007年02月22日
価格
6476円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
任天堂
詳細を見る
  1. 1
    【かわ余】ホロライブ×ファミマコラボ第6弾が発表。湊あくあ、百鬼あやめ、大空スバル、夜空メル、癒月ちょこ、アキロゼなどがバレンタイン衣装に!
  2. 2
    『一番くじ 鬼滅の刃 ~宇髄天元 見参!~』全ラインアップが公開。宇髄天元のド派手でかっこいいフィギュアなどが登場
  3. 3
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  4. 4
    『街』がセガサターンで発売。窪塚洋介など若き日の有名人が多数登場の実写サウンドノベル【今日は何の日?】
  5. 5
    【デススト特集】NHK『ゲームゲノム』番組Dに聞く、拡大版の見どころ。時間が約2倍になった放送では“第5のゲームゲノム”が語られる!