クロスレビュー

平均

7.8

1ユーザー

スコア

;">
2.0
2005年にPS2で発売された同名タイトルの移植。主人公のルークとなり、仲間たちと冒険しよう。3DS版では術や技のショートカットを下画面に登録できるぞ。
発売日
2011年06月30日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://toa.namco-ch.net/
詳細を見る

テイルズ オブ ジ アビス(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
8

軽快かつ心地よく楽しめる戦闘システム。テクニックはさほど必要ないのだが、いい具合にバトルの駆け引きが味わえる作りが秀逸。また、フェイスチャットはもとより、3D立体視にすることによって、より臨場感のある世界観が味わえるようになったのも◎。ストレスなく楽しめる良作。

週刊ファミ通1177号より

レオナ海老原
ファミ通公式 3DS
8

ロード時間が短縮されて遊びやすくなった『アビス』を、好きなときにプレイできるのがうれしい。基本は変わっていないため新鮮味は薄いが、秘奥義などが追加されたPS2の北米版の移植なので、経験者でも楽しめる。下画面に術・技や料理のショートカットを登録できるのも便利でいい。

週刊ファミ通1177号より

ウワーマン
ファミ通公式 3DS
8

お坊ちゃまルークにイライラしつつつも、次第に引き込まれていく展開が秀逸。豊富なスキットは、物語に厚みを持たせてくれていいですね。ショートカット登録は、思ったより重宝。ただ、ステータスなど、一部の文字が小さい。フィールドでの視点移動が遅いのも気になりますね。

週刊ファミ通1177号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
7

携帯ゲーム機で、ボイスたっぷりのRPGができるのは素直にうれしい。フェイスチャットは毎回聴き入ってしまいます。丁寧に作り込まれていて古さを感じさせませんが、追加要素がもっと収録されているとよかったな。下画面をワンタッチするだけで技が出せるのは、思いのほか便利。

週刊ファミ通1177号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ayanka141
3DS 2013-01-20 01:25:02投稿
2

アクション要素のあるバトルとストーリーが好きなテイルズオブシリーズでしたがこの作品は2番目に面白くない作品でした。
7年前に誘拐されてから誘拐される前の記憶が無いまま軟禁状態で世間を知らないまま甘やかされて育った王族が主人公という設定なのですが、終始感情移入出来ない言動。
幼馴染の姫がわがままな設定かと思いきや正義感が強すぎるだけでしっかりしているし、もう一人の幼馴染も人の生き死にを軽んじた発言はしません。
こんな二人が居るのに、甘やかされたとは到底思えず7年の歳月で人がそんなに変わらないものかと。
世界観はやたら細かく描写されて、トークイベントはやたらあるのに人間描写が薄すぎて何時間遊んでも感情移入は出来ないと思います。
バトルはシンフォニア以降から良い意味で変わらず安定しているのですが、グラフィックやイベントやマップ関連など悪い意味で一昔前の感じが多く、新鮮味もありません。

クロスレビュー

平均

7.8

1ユーザー

スコア

;">
2.0
2005年にPS2で発売された同名タイトルの移植。主人公のルークとなり、仲間たちと冒険しよう。3DS版では術や技のショートカットを下画面に登録できるぞ。
発売日
2011年06月30日
価格
5800円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
関連サイト
http://toa.namco-ch.net/
詳細を見る

テイルズ オブ ジ アビスに関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモンSV】最強のゲッコウガレイドが本日(1/27)開催【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    『ポケモンSV』動画:「最強のゲッコウガ」でオススメのポケモン4選
  3. 3
    【ソフト&ハード週間販売数】『ファイアーエムブレム エンゲージ』が首位に! 『ポケモンSV』『スプラトゥーン3』などトップ10常連タイトルも好セールスを記録【1/16~1/22】
  4. 4
    『ホグワーツ・レガシー』先行レビュー。ホグワーツの生徒になって箒で校舎を飛び回る『ハリー・ポッター』のオープンワールドに大興奮
  5. 5
    『FF』リズムゲーム『シアトリズム ファイナルバーライン』シーズンパスの追加情報が公開。『ニーア オートマタ』『新すばらしきこのせかい』などの楽曲が登場