クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
7.0
戦闘機のパイロットとなり、物語に沿ったミッションをこなそう。ミッションをクリアーすると経験値が溜まり、パイロットや使用した機体の性能がアップする。
発売日
2010年10月07日
価格
6980円 [税抜]
ジャンル
シューティング
メーカー
ユービーアイソフト
詳細を見る

H.A.W.X.2(ホークス2)(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Xbox 360
8

前作から正統進化。大きな驚きはありませんが、丁寧に作られていて安心して遊べる作品となっています。空中給油や夜間精密爆撃などの追加要素は、全体のアクセントになっているかと。多角的な視点で展開していく物語も興味深い。オンラインで対戦や協力プレイができるのも○。

週刊ファミ通1139号より

戦闘員まるこ
ファミ通公式 Xbox 360
7

対地攻撃や夜間ミッションなどのシチュエーションが増えたのはいいけれど、そのたびに操作方法が異なるので、ちょっと戸惑うことがあった。エアミッション中には離陸や着陸、空中給油などのイベントもあるが、細やかな機体の操作が必要となるので、面倒に感じる人がいるかも。

週刊ファミ通1139号より

デビル藤原
ファミ通公式 Xbox 360
9

基本システムは前作同様。ドッグファイトだけでなく、UAV(無人攻撃機)を操作しての盗聴や、対地攻撃機を使っての地上攻撃など、ミッションのバリエーションが多く、つねに緊張した戦いが楽しめる。その分、難度も高め。入手したポイントで機体の性能を上げていくのはおもしろい。

週刊ファミ通1139号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Xbox 360
8

機体や武器のアップデートなどのアンロックが、ある程度選べるようになったのが○。使いたい機体を狙って購入できたりするのがいい。操作感はフライトシミュレーターというよりも、ゲーム的な挙動の3Dシューティングといった感じ。これがプラスになるかは、好みによるところ。

週刊ファミ通1139号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

もみじこ
Xbox 360 2010-10-15 02:28:46投稿
7

せっかく登録したので、何か書いてみようと思い立って初投稿です。現在プレイ中のHAWX2。もみじこの傾向としては、単純操作・対戦よりCOOP・程よく中二病。という感じです。前作もプレイ済み。 良かった点・オフモード所謂ラジコン操作。HAWXといえばコレですね。ポストストールマニューバーも簡単操作で繰り出せる。飛ばしてるだけで気持ち良い?。・ストーリー前作よりも深いお話で、後半から急展開する辺りでぐっと引き込まれました。1つのステージでも、複数の遊びがある辺りが面白い。・PEC報酬機体や、CoDでいうところのストリークを、経験値に応じたポイントで解除していくシステム。ゲームそのもののやり込み度と連動してアンロックされていくので、とても良い要素だと思います。そこまでマゾくないのも良い。平均的に空けていくよりも、好みの機体めがけてポコポコ空けていくのが良いですね。・兵装カスタム好きな機体のを自分好みにカスタムできます。兵器のグラフィックが全機種共通な部分は、少し残念な気もしますが、飛行機好きにとっては地味に嬉しい要素でした。・サバイバルモードHaloでいうところのファイアファイト。最大4人で、波状攻撃をしかけてくる敵をひたすらやっつけるモードです。最終の10波ともなると、それこそ画面が敵で埋まってびっくりしました。単純に、よくあれだけたくさん表示させたなぁと。接近戦でガンキルするもよし、多目標ミサイルで一掃するもよし。対艦番長やるもよしw贅沢を言えば、もうあと1つ2つステージがあったらなお良かったかも。・対戦前作同様、真剣にやるよりボコスカ落として落とされて、という傾向が強いかもしれません。凶悪だった全方位ミサイルも無くなり、ストリークにも調整が入ったので、何も考えずにミサイルをバラ撒いてもそこそこ楽しめます。惜しかった点・操作性特にロール操作が顕著で、スティック入力から、実際に動き出すまでの妙なラグと、横転中から静止するまでの妙な惰性が気になりました。他の飛行機ゲームに慣れていると、最初のうちは、止まって欲しいタイミングで機体のロールを止められないので、シザースや当て舵といった操作で難儀すると思います。というか当て舵は全く効かないwヨーについても入力直後は緩慢としていて、押し続けると急に効き始めます。ゲーム自体がアクションゲーム然としている割に、操作性がヤンワリとしていて違和感を感じました。とはいえ、遊んでいるうちに慣れてしまうので、体験版や、最初の違和感だけでプレイを諦めるべきではないと思います。でも、まぁ、もうすこしキビキビ動いても良かったかなぁw・音声前作はロックオンされた際のギャーギャー音がちょっとやかましかったのですが、今回は逆に音がほとんど無くなりました。代わりに撃たれたミサイルを表示するウィンドウが表示されるのですが、これもやはり多少の慣れが必要かと思います。アラートで回避操作を入力するクセが付いてる人は特にw・HUDデザインストーリー中、方角や方位をアナウンスされる割に、ヘディングスケールが表示されていないので、そもそも方角がわからない、ピッチスケールも表示されていないので、自機の姿勢が把握しづらいなど、フライトモノとしてはちょっと簡素すぎる気もしました。・微妙なバグ(?) オフモードの操作設定をエキスパートにしている場合、 ソフトを起動するたびにリセットされてしまいます。一度設定してしまえば、ソフトを終了しない限りは反映されている?のかな。 日本版で同梱されているDLCが反映されていなかったり、プレイ中に効果音が消えたりと、「微妙な」詰めの甘さが散見されるのがとても「惜しい」と感じる部分でした。 総括CERO:Aかつ、ジャンル的にはフライトアクション?(シューティングではない)ということで、「分かりやすくシンプルに」という意図も見て取れます。なので、HUDデザインなどは一概に「悪い」とは言えない要素かと思います。ローカライズについても、専門用語を多用せず、「分かりやすく」という意図がきちんと伝わってきます。無人機での偵察・空爆ミッションや、ガンシップやステルス機での航空支援といった具合に、単なる飛行機モノではなく、遊びの幅を広くとって、飛行機を主人公にしたアクションゲームを作った、という感じでした。ワラワラと沸いてくる敵を掃討しつつ、地上を這う戦車を精密ミサイルで冷静に狙うなど、1つのステージでも、複数の要素が盛り込まれているので、プレイ時のテンションに緩急があり、1人でやっても面白いし、COOPで役割分担をしたり、場合によって「敵の取り合い」をしながら遊ぶのも面白いです。細かい部分の、ほんとに些細なストレスだけが残念でしたが、ゲーム自体はとても面白く仕上がっていると思います。ニッチジャンルなのは理解しつつも、飛行機ゲーム大好きなので、次も期待!

クロスレビュー

平均

8.0

1ユーザー

スコア

;">
7.0
戦闘機のパイロットとなり、物語に沿ったミッションをこなそう。ミッションをクリアーすると経験値が溜まり、パイロットや使用した機体の性能がアップする。
発売日
2010年10月07日
価格
6980円 [税抜]
ジャンル
シューティング
メーカー
ユービーアイソフト
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も