クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
原作に登場する人物たちを操作し、多彩な技を駆使して対戦しよう。好きなキャラクターを選び、提示されたミッションをする“ギャラクシーモード”などがある。
発売日
2010年11月11日
価格
6980円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

ドラゴンボール レイジングブラスト2(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Xbox 360
8

登場キャラが多く、お祭りソフト的な作り。アンロックの項目が多くて、遊びごたえのある内容です。各キャラの必殺技を始め、変身や合体など、原作にあったほとんどの要素がゲーム中で再現されているのが、すばらしい! しかし、そのせいか操作が複雑になってしまっているのが残念。

週刊ファミ通1144号より

モリガン長田
ファミ通公式 Xbox 360
8

カメラワークが改善されて戦いやすくなった。ボタンを連打するだけでコンボがつながるのはお手軽。反面、追い討ちや投げ抜けなどタイミングがシビアだったり、変身や合体などの要素が多いので、使いこなすには時間が掛かりそう。描き起こしアニメが入っているのはお得感たっぷり。

週刊ファミ通1144号より

デビル藤原
ファミ通公式 Xbox 360
8

グラフィック、登場キャラ数、新システムの導入など、確実に前作よりもパワーアップした印象。必殺技をRスティックに割り当て、簡単に出せるのはうれしい。でも、それ以外の操作は複雑。欲を言えば、ストーリーを追いながら戦うモードがあると、もっと感情移入できたかも。

週刊ファミ通1144号より

世界三大三代川
ファミ通公式 Xbox 360
7

キャラが多いだけでなく、技の再現度、変身の楽しさなどが1体1体がしっかり作り込まれている印象。それだけに複雑な操作を乗り越えれば、キャラを活き活きと動かせる。敵とのあいだに高低差がある場合、視点が少し見辛い。新作アニメは早送り&巻き戻しができればなおよかった。

週刊ファミ通1144号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
原作に登場する人物たちを操作し、多彩な技を駆使して対戦しよう。好きなキャラクターを選び、提示されたミッションをする“ギャラクシーモード”などがある。
発売日
2010年11月11日
価格
6980円 [税抜]
対応機種
Xbox 360
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】