クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
Wiiリモコンでツタを引いたり、動かしたりしてヒナのアイビィを誘導し、制限時間内にゴールを目指そう。Wii版では最大4人で対戦や協力プレイができるのだ。
発売日
2010年04月22日
価格
3800円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

IVY THE KIWI? (アイビィ・ザ・キウィ?)(Wii)のレビュー・評価・感想情報

戦闘員まるこ
ファミ通公式 Wii
7

アイビィをツタで巧みに誘導し、ゴールへ導くシステムが新鮮。ツタを弾いてアイビィを飛ばすアクションなどを駆使して、タイムアタックも楽しめる。メインモードは連続して多くのステージをこなすので、ひと休みできる間がほしかった。グラフィックの変化も、もう少しあれば。

週刊ファミ通1115号より

レオナ海老原
ファミ通公式 Wii
9

簡単なルールだが、中盤からは考えながら進めていく内容になり、おもしろい。ツタは道を作る以外にも、アイビィを飛ばすなどいろいろな導きかたができて楽しいが、全体マップが見られないのは少し不便。対戦プレイでは相手の画面にもツタを引けて、かなり盛り上がれていいですね。

週刊ファミ通1115号より

レゲー秋山
ファミ通公式 Wii
8

瞬時に状況を判断してツタを張り、アイビィを導いていく操作感は、シンプルだが新鮮。微妙な工夫で自分なりのルートを作り出すのが楽しい。サクサク進めるテンポのよさも好感触。多人数プレイは、フィールドの作りに比べて割り当てられる画面が小さく、ゴチャつく印象が強い。

週刊ファミ通1115号より

河田スガシ
ファミ通公式 Wii
7

ラインを引いてゴールへ導くだけの単純明快なルールと、Wiiリモコンでの簡単操作が良好。ステージ数も多く、仕掛けも趣向を凝らしているだけに、慣れないとストレスが溜まるが。アクションパズルの新機軸を築いた点、アースカラーの世界と愛らしいアイビィで親しみやすさは○。

週刊ファミ通1115号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
Wiiリモコンでツタを引いたり、動かしたりしてヒナのアイビィを誘導し、制限時間内にゴールを目指そう。Wii版では最大4人で対戦や協力プレイができるのだ。
発売日
2010年04月22日
価格
3800円 [税抜]
対応機種
Wii
ジャンル
アクション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    アニメイトで『ゆるキャン△』&『mono』の漫画を買うと特製ブロマイドがもらえる血液センターコラボ応援フェアが開催!